メインメニューを開く

藤原 世数(ふじわら の よかず)は、平安時代初期から前期にかけての貴族藤原北家右大臣藤原内麻呂の孫。肥前守藤原福当麻呂の子。官位従五位下豊後守

 
藤原世数
時代 平安時代初期 - 前期
生誕 不詳
死没 不詳
官位 従五位下豊後守
主君 仁明天皇文徳天皇清和天皇
氏族 藤原北家
父母 父:藤原福当麻呂、母:不詳
兄弟 諸数世数、数長、数守、依作、貞数、賀登子
テンプレートを表示

目次

経歴編集

承和10年(843年従五位下上野介に叙任される。嘉祥2年(849年越後介に任ぜられると、翌嘉祥3年(850年)には越後守に昇格する等、仁明朝後半から文徳朝にかけて東国の国司を歴任する。

その後散位となるが、天安3年(859年豊後守と、清和朝でも引き続き地方官を務めている。豊後守在職中の貞観2年(860年)には大和国春日大社の四所大神を勧請して、任国に春日神社を創建している[1]

官歴編集

六国史』による。

脚注編集

出典編集