藤原中清

平安時代中期の貴族、内匠頭正四位下
 
藤原中清
時代 平安時代中期
生誕 不明
死没 不明
別名 仲清
官位 正四位下内匠頭
主君 一条天皇
氏族 藤原北家長良
父母 父:藤原為雅、母:藤原倫寧
兄弟 中清、中規、延妙、藤原義懐室、
藤原景斉室
藤原永頼
範永、範基、永禅、源頼国
テンプレートを表示

藤原 中清(ふじわら の なかきよ)は、平安時代中期の貴族。名は仲清とも記される。藤原北家長良流、備中守藤原為雅の長男。官位正四位下内匠頭

経歴編集

受領層の中級貴族として尾張国周防国河内国・備中等の国司を歴任した他、内匠頭等を務め正四位下に至った[1]。尾張守在任時の寛弘5年(1008年)には丹波守・高階業遠と共に五節の舞姫を献上する国司としてその名が見える一方、同じ年に任国尾張の郡司、百姓らによって非法を愁訴されたとの記録が残る[2]

官歴編集

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 尊卑分脈
  2. ^ 紫式部日記』『御堂関白記
  3. ^ a b 『小右記』
  4. ^ 『権記』