藤原令明
時代 平安時代後期
生誕 承保元年(1074年
死没 康治2年9月24日1143年10月9日
別名 合明
官位 正五位下大内記
主君 堀河天皇鳥羽天皇崇徳天皇近衛天皇
氏族 藤原式家
父母 父:藤原敦基、母:中原季成娘
兄弟 令明、茂明、敦兼、実信、周光、心覚、源義国
養兄弟:敦光藤原明衡子)
伴広貞娘
範明、敦任、敦綱、基業、敦景、
源師頼
テンプレートを表示

藤原 令明(ふじわら の よしあき)は、平安時代後期の貴族儒者藤原式家右京大夫藤原敦基の長男。名は合明とも表記される。官位正五位下大内記

経歴編集

康和4年(1102年)頃に秀才に及第し、長治3年(1106年)に秀才として献策している。天永3年(1112年)には文章生となり左衛門尉を務める。9月に六位蔵人となり、11月には従五位下叙爵。左衛門尉はそのまま務め続け、左衛門大夫となった。後に正五位下に叙され、上野介大内記を歴任した。康治2年(1143年)に70歳で卒去。最終官位は正五位下行大内記[1]

儒学者として名を挙げ、左大臣藤原頼長の幼少期には頼長を弟子としており[2]、令明の没後も頼長は先師と崇めている。

官歴編集

系譜編集

  • 父:藤原敦基
  • 母:中原季成の娘
  • 妻:伴広貞の娘
    • 男子:藤原範明(1095-1169)
    • 男子:藤原敦任(1110-1185)
  • 妻:不詳(生母不明)
    • 男子:藤原敦綱(?-?)
    • 男子:藤原基業
    • 男子:藤原敦景
    • 女子:源師頼

脚注編集

  1. ^ 本朝世紀康治2年9月24日条
  2. ^ 台記康治2年8月24日条
  3. ^ 中右記康和4年12月28日条
  4. ^ 中右記長治3年正月19日条
  5. ^ 殿暦天永3年9月23日条
  6. ^ 殿暦天永3年11月15日条