藤原 仲直(ふじわら の なかなお)は、平安時代前期の貴族藤原京家参議藤原浜成の曾孫にあたる遣唐判官藤原豊並の子。官位従五位下大宰権少弐、または大宰大弐

 
藤原仲直
時代 平安時代前期
生誕 不詳
死没 不詳
官位 従五位下大宰権少弐または大宰大弐[1]
主君 清和天皇陽成天皇
氏族 藤原京家
父母 父:藤原豊並
兄弟 仲直、内直
三仁
テンプレートを表示

経歴編集

豊前権介在任中の貞観9年(867年)正月に正六位上から従五位下叙爵し、間もなく豊前守に昇格する。元慶2年(878年)にも大宰権少弐に任ぜられるなど、九州地方の地方官を歴任した。なお、大宰権少弐任官直後にによって警固を摂行している。これは、かつて貞観11年(869年)に大宰権少弐・坂上滝守が警固を行っていたが、任期満了後に警戒を停止していたものについて、卜筮で「隣敵隙を窺はむ」との結果が出たことにより再開されたものとされる[2]

官歴編集

日本三代実録』による。

系譜編集

尊卑分脈』による。

  • 父:藤原豊並
  • 母:不詳
  • 生母不詳の子女
    • 男子:藤原三仁

脚注編集

  1. ^ 尊卑分脈』藤原京家
  2. ^ 日本三代実録元慶2年7月13日条