メインメニューを開く
 
藤原俊信
時代 平安時代後期
生誕 天喜3年(1055年
死没 長治2年2月1日1105年2月17日
改名 家通(初名)→俊信
官位 正五位下右少弁
主君 白河天皇堀河天皇
氏族 藤原北家真夏流日野家
父母 父:藤原正家、母:藤原良任の娘
兄弟 広綱俊信
菅原是綱の娘
顕業、正慶、信意、藤原有成
テンプレートを表示

藤原 俊信(ふじわら の としのぶ)は、平安時代後期の貴族学者藤原北家真夏流(日野家)、右大弁藤原正家の次男。官位正五位下右少弁

経歴編集

永保年間に侍従を務め、それらの功労で寛保5年(1091年)に従五位上に叙せられる。その後、大内記を経て永長2年(1097年)に正五位下に昇叙される。翌年右衛門権佐に任ぜられるが、康和元年(1099年)に俊信の従者が罪人を仲間に奪われるという事件が発生している[1]。だが、その年に右少弁の兼務が命ぜられ、翌年には更に文章博士を兼ねた。

康和5年(1103年)には宗仁親王(のち鳥羽天皇)の立太子を受けて東宮学士をも兼ねる[2]。翌年の改元に際しては菅原在良と共に紀伝勘文を提出し、その勘案に基づいて「長治」の元号が採用された[3]。だが長治2年(1105年)、父に先立って病没した。

藤原師実師通父子から作文会の講師を命ぜられ、藤原忠実藤氏長者になって最初の法成寺参詣に随行するなど家司ではなかったものの、摂関家からの信任が厚かった。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 後二条師通記
  2. ^ ただし、親王は生後7ヶ月。
  3. ^ なお、その前の「康和」は式部大輔であった父・正家の勘案によるものであった。