藤原保実
時代 平安時代後期
生誕 康平4年(1061年
死没 康和4年3月5日1102年3月25日)または3月4日[1]
別名 正字:保實
官位 正三位権中納言
主君 後三条天皇白河天皇堀河天皇
氏族 藤原北家閑院流
父母 父:藤原実季、母:藤原睦子(藤原経平の娘)
兄弟 公実保実仲実苡子
藤原顕綱の娘
実信定通通俊実時
テンプレートを表示

藤原 保実(ふじわら の やすさね)は、平安時代後期の公卿藤原北家閑院流大納言藤原実季の次男。官位正三位権中納言

経歴編集

延久元年(1069年従五位下叙爵。延久5年(1073年侍従承保元年(1074年右近衛少将を経て、承保2年(1075年)従五位上に昇叙。伊予権介・右近衛権中将を経て、承暦3年(1079年正四位下永保2年(1082年蔵人頭。そして翌永保3年(1083年参議となり公卿に列す。

播磨権守を経て、応徳3年(1086年従三位に昇叙。寛治2年(1088年正三位に叙され、美作権守・伊予権守・備後権守と地方官を兼ねる。康和2年(1100年)に権中納言。康和4年(1102年大宰権帥となるが同年3月5日に薨去。享年42。

官歴編集

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 尊卑分脈

出典編集