藤原儼子

日本の平安時代の女官、藤原道長の妾

藤原 儼子(ふじわら の たけこ、? - 長和5年正月21日1016年3月8日))は、平安時代の女性。藤原為光の四女。母は藤原伊尹の娘[1]

花山法皇の愛人で、法皇の死後、藤原妍子の女官、ついで藤原道長となる[2]長和5年(1016年)1月21日に道長の子を産むが、死産で母子共々死去したという[1]

脚注編集

  1. ^ a b 小右記』長和5年正月21日条
  2. ^ 尊卑分脈』為光公流