藤原公房 (小野宮流)

正三位参議
 
藤原公房
時代 平安時代中期 - 後期
生誕 長元3年(1030年
死没 康和4年8月28日1102年10月11日
官位 正三位参議
主君 後朱雀天皇後冷泉天皇後三条天皇白河天皇堀河天皇
藤原賢子中宮職
氏族 藤原北家小野宮流
父母 父:藤原資房、母:源経相の娘
養父:藤原経任
兄弟 資宗公房、琳慶、永源
通輔藤原敦宗
テンプレートを表示

藤原公房(ふじわら の きみふさ)は、平安時代中期から後期にかけての公卿。初名は顕房藤原北家小野宮流参議藤原資房の子。藤原経任の養子となる[1]官位正三位・参議。『尊卑分脈』によれば「白髪宰相」と号した。

官歴編集

  • 長久3年7月25日(1042年8月13日) 従五位下(皇后宮(禎子内親王臨時給
  • 長久4年12月25日(1044年1月27日) 侍従
  • 永承5年2月6日(1050年3月1日) 左衛門佐
  • 永承5年2月26日(1050年3月21日)右近衛少将に転ず
  • 天喜元年正月27日(1053年2月18日)讃岐介を兼ねる
  • 天喜3年正月5日(1055年2月4日) 正五位下
  • 天喜5年正月5日(1057年2月11日) 少将を辞め、従四位下(少将の
  • 天喜5年11月5日(1057年12月3日) 兵部大輔
  • 康平6年5月5日(1063年6月4日) 従四位上(大輔の労)
  • 延久3年正月7日(1071年2月9日) 正四位下陽明門院(禎子内親王)御給
  • 延久4年12月2日(1073年1月12日)蔵人頭後三条天皇
  • 延久4年12月8日(1073年1月18日)白河天皇受禅に伴い、蔵人頭再任
  • 延久5年4月17日(1073年5月26日)兵部大輔より右兵衛督に転ず
  • 承保元年12月26日(1075年1月15日)左京大夫を兼ねる
  • 承保2年正月28日(1075年2月16日)右兵衛督より左兵衛督に転ず
  • 承保2年4月12日(1075年4月29日) 中宮亮藤原賢子)を兼ねる
  • 承保2年6月13日(1075年7月28日) 蔵人頭・中宮亮を辞め、参議となる
  • 承保3年正月22日(1076年2月29日)播磨権守を兼ねる
  • 承保4年正月11日(1077年2月6日) 従三位(行幸における陽明門院別当の賞)
  • 承暦3年11月(1079年11-12月)左兵衛督を辞す
  • 承暦5年正月26日(1081年3月9日)備後権守を兼ねる
  • 承暦5年12月5日(1082年1月6日) 正三位(春日行幸の行事の賞)
  • 応徳3年3月3日(1086年4月18日)美作権守を兼ねる
  • 寛治5年正月(1091年1-2月)備後権守を兼ねる
  • 寛治5年8月(1091年9月/10月) 参議を辞し、息男通輔五位蔵人補任を申請する
  • 康和4年8月29日(1102年10月12日)死没(正三位左京大夫)

出典編集

脚注編集

  1. ^ 『中右記』康和4年8月29日条。