藤原兼茂
時代 平安時代前期
生誕 不明
死没 延喜23年3月7日923年3月26日
官位 従四位下参議
主君 醍醐天皇
氏族 藤原北家良門
父母 父:藤原利基、母:当麻松咸娘
兄弟 世秀、兼生、忠彦、兼茂、惟彦、兼輔
存忠、兵衛命婦
テンプレートを表示

藤原 兼茂(ふじわら の かねもり/かねもち)は、平安時代前期の公卿歌人藤原北家良門流、右近衛中将藤原利基の四男。官位従四位下参議

経歴編集

寛平9年(897年)、兼茂自身が外戚にあたる醍醐天皇の即位に伴い六位蔵人になると、翌寛平10年(898年左衛門少尉に任ぜられる。昌泰2年(899年従五位下叙爵して、引き続き昇殿を許されるが、昌泰の変が発生した翌年の延喜2年(902年)従五位上・播磨介に叙任され地方官に転じる。

昌泰の変以降執政の座にあった左大臣藤原時平が没した翌年の延喜10年(910年)に左近衛少将として京官に復帰すると、のち左近衛権中将・左近衛中将・左兵衛督と武官を歴任する傍ら、延喜14年(914年正五位下、延喜17年(917年)従四位下と昇進を重ねた。

延喜23年(923年)正月に参議に任ぜられ公卿に列すが、同年2月陣座において中風に倒れ、3月7日に卒去。最終官位は参議従四位下兼左兵衛督。

勅撰歌人として、和歌作品が『古今和歌集』に2首、『後撰和歌集』に1首採録されている[1]

延喜11年(911年)に宇多上皇の主催で亭子院で開かれた酒合戦に酒豪として招聘され参加[2]

官歴編集

  • 寛平9年
  • 寛平10年正月29日(898年2月23日) 左衛門少尉
  • 昌泰4年
  • 延喜2年
    • 2月24日(902年4月5日) 従五位上。
    • 4月23日(902年6月2日) 兼播磨介
  • 延喜10年正月12日(910年2月24日) 兼左近衛少将
  • 延喜14年正月7日(914年2月4日) 正五位下
  • 延喜15年正月12日(915年1月29日) 兼備前介
  • 延喜16年3月28日(916年5月2日) 轉左近衛権中将。
  • 延喜17年
    • 正月7日(917年2月1日) 従四位下
    • 正月19日(917年2月13日) 昇殿。
    • 正月29日(917年2月23日) 兼播磨権守。
    • 4月5日(917年4月28日) 兼斎院長官
  • 延喜18年2月29日(918年4月12日) 轉左近衛中将。
  • 延喜19年9月13日(919年10月9日) 兼左兵衛督(停中将)。
  • 延喜23年
    • 正月12日(923年1月31日) 任参議。左兵衛督如元。

系譜編集

  • 父:藤原利基
  • 母:当麻松咸の娘
  • 妻:不詳
  • 生母不明の子女
    • 男子:藤原存忠
    • 女子:兵衛命婦

脚注編集

  1. ^ 『勅撰作者部類』
  2. ^ 藤原明衡撰『本朝文粋』中の紀長谷雄「亭子院賜飲記」
  3. ^ 或いは昌泰2年正月7日(899年2月10日)。
  4. ^ 昌泰2年の場合、899年3月30日。

出典編集

公卿補任 第一篇』吉川弘文館、1982年

軍職
先代:
藤原仲平
右兵衛督
919 - 923
次代:
源是茂