藤原 勤子(ふじわら の いそしこ/きんし、生年不明 - 大同4年6月12日809年7月27日))は、奈良時代後期から平安時代初期にかけての女官朝臣官位尚膳従三位

生涯編集

記録に現れるのは、光仁朝宝亀6年(775年)6月、無位から従五位下を授けられたとあるのが最初[1]。その後宮での出世は同じ女官の藤原春蓮と歩調を合わせており、桓武朝天応元年(781年)11月、延暦4年(785年)正月、同5年(786年)正月、同8年(789年)正月と、ともに昇叙されている。

その後はしばらく記録が途絶えているが、平城朝大同3年(808年)11月、正四位上から従三位に昇叙され[2]嵯峨朝の大同4年(809年)6月、尚膳従三位で薨去したとある[3]

官歴編集

六国史』による

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『続日本紀』巻第三十三、光仁天皇 宝亀6年6月14日条
  2. ^ 『日本後紀』巻第十七、平城天皇 大同3年11月19日条
  3. ^ 『日本後紀』巻第十八、嵯峨天皇 大同4年6月12日条

参考文献編集