メインメニューを開く

藤原 千常(ふじわら の ちつね/ちづね)は、平安時代中期の貴族武将。名は知常ともいわれる。藤原北家魚名流、藤原秀郷の子[2]官位従五位下鎮守府将軍

 
藤原千常
時代 平安時代中期
生誕 不詳
死没 長和元年6月19日1012年7月10日[1]
別名 知常[2]、田原左衛門尉[1]
戒名 華蔵寺殿野州大守東照常関大禅定門[1]
墓所 下野瓦町御幡堂[1]
官位 従五位下鎮守府将軍
主君 円融天皇
氏族 藤原北家秀郷
父母 父:藤原秀郷、母:源通の娘
兄弟 千時、千晴千常、千国、千種
不詳
文脩、千万
テンプレートを表示

経歴編集

安和2年(969年安和の変が発生し兄・千晴が配流となる。その後の安和3年(970年)正月に鎮守府将軍に任命される。左衛門尉[2]美濃守なども務め、小山荘寒河御厨を本領とする。

子孫は佐藤氏など。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 『田原族譜』第4版 山士家左伝
  2. ^ a b c d e f 尊卑分脈
参考文献
  • 山士家左伝編 『田原族譜』 東明会、1883年9月。 NCID BA85281841http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/780477