メインメニューを開く

藤原 千晴(ふじわら の ちはる)は、平安時代中期の軍事貴族藤原北家魚名流、下野守藤原秀郷の子。官職相模介

 
藤原千晴
時代 平安時代中期
生誕 不詳
死没 不詳
官位 相模介
主君 村上天皇冷泉天皇
氏族 藤原北家魚名流
父母 父:藤原秀郷、母:不詳
兄弟 千時、千晴千常、千国、千種
不詳
久頼、正頼、千清

経歴編集

父の秀郷が平将門の乱で功績をあげたため、朝廷で登用され平安京で活動する。康保4年(967年村上天皇の崩御に際して、伊勢固関使を務める。東国で平義盛と争ったこともある。この間、相模介などを務めるが、安和2年(969年)に起きた藤原北家嫡流による他氏排斥事件である安和の変で、対立する清和源氏の一族・源満季に追捕されて失脚、隠岐国流罪となった。以後の消息は不明。

系譜編集

尊卑分脈』による。

  • 父:藤原秀郷
  • 母:不詳
  • 生母不詳の子女
    • 男子:藤原久頼[1]
    • 男子:藤原千清
    • 男子:藤原正頼

脚注編集

  1. ^ 『朝日日本歴史人物事典』