メインメニューを開く

藤原 基貞(ふじわら の もとさだ)は、平安時代中期から後期にかけての貴族藤原北家右大臣藤原頼宗の三男。官位正四位下美濃守

 
藤原基貞
時代 平安時代中期-後期
生誕 寛仁4年(1020年
死没 不詳
官位 正四位下美濃守
主君 後朱雀天皇後冷泉天皇
氏族 藤原北家中御門流
父母 父:藤原頼宗、母:源公子(源高雅の娘)
兄弟 兼頼俊家基貞能長能季、頼観、延子昭子源師房
源章任の娘、藤原良頼の娘
敦基基仲兼実時実、貞禅、家俊、永基、藤原公実室、藤原師実室、姿子藤原基長室、高階為章
テンプレートを表示

目次

概要編集

長元8年(1035年)に但馬守[1]寛徳3年(1046年)には美濃守と地方官や、刑部卿などを歴任した。しかし、妾腹だったことなどから官位には恵まれず、正四位下・美濃守止まりで藤原道長の孫でありながら僧・頼観を除いて兄弟中唯一公卿に昇っていない。

また、多くの子息に恵まれ、兼実は太政大臣藤原信長の養子となる。また、娘は権大納言藤原公実摂関太政大臣・藤原師実にそれぞれ嫁ぎ、その子が三条家大炊御門家として後世に血統を繋げた。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 栄花物語
  2. ^ 中右記』嘉保元年正月30日条

参考文献編集