藤原宗通

平安時代後期の公卿・歌人。藤原俊家の五男。母は源兼長(備前守)の娘。正二位・権大納言、民部卿、中宮大夫

藤原 宗通(ふじわら の むねみち)は、平安時代後期の公卿歌人藤原北家中御門流右大臣藤原俊家の子。官位正二位権大納言坊門大納言と号した。

 
藤原 宗通
時代 平安時代後期
生誕 延久3年(1071年
死没 保安元年7月22日1120年8月17日
改名 阿古丸(幼名)→宗通
別名 坊門大納言
官位 正二位権大納言
主君 白河天皇堀河天皇鳥羽天皇
氏族 藤原北家中御門流
父母 父:藤原俊家、母:源兼長の娘
兄弟 基頼寛慶宗俊師兼基俊全子宗通、堀川殿、俊範、寛澄、済観
藤原顕季の娘、春日殿(藤原師兼の娘)
宗子信通伊通季通成通重通定通、良延、宗海、伊覚
テンプレートを表示

経歴編集

幼い頃から白河院の手元で育てられた。14歳で叙爵され、累進して白河院別当となり、近臣として権勢を振るった[1]。『金葉和歌集』(歌番号554)・『新勅撰和歌集』(歌番号274)に和歌作品が採録されている。

官歴編集

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 「天下権威傍若無人」『中右記』保安元年7月22日条