藤原 定綱(ふじわら の さだつな、長元3年(1032年) - 寛治6年12月19日1093年1月18日))は、平安時代中期から後期にかけての貴族藤原北家関白太政大臣藤原頼通の四男。藤原北家小野宮流権中納言藤原経家の養子。官位正四位下播磨守

経歴編集

関白太政大臣藤原頼通の四男として生まれるが、小野宮流藤原経家の養子となる。

従五位下に叙爵後、後冷泉朝の天喜4年(1056年)ごろ伯耆守を務め、任期後の康平2年(1059年)治国の功労により従五位上に叙せられる。その後も、備中守伊予守と地方官を歴任し、この間に康平3年(1060年正五位下治暦3年(1067年従四位下、治暦4年(1068年)従四位上と昇進する。

のち、正四位下播磨守に叙任されるが、同母兄弟の俊綱忠綱と同じく、摂関家の子弟でありながら公卿昇進はならなかった。寛治6年(1092年)12月19日卒去享年61。最終官位は前播磨守正四位下。

官歴編集

系譜編集

尊卑分脈』による。

  • 父:藤原頼通
  • 母:藤原祇子 - 藤原頼成の娘[14]
  • 妻:大江定経の娘
    • 男子:藤原定実(?-1085)
  • 生母不詳の子女
    • 男子:藤原家信
    • 男子:慶実

脚注編集

  1. ^ 『皇后宮歌合』
  2. ^ a b 『勘例』
  3. ^ 『定家朝臣記』
  4. ^ 『平安遺文』補110
  5. ^ 『扶桑略記』
  6. ^ 『本朝世紀』
  7. ^ 10月に藤原実綱見任(『年号勘文部類抄』)
  8. ^ 『栄花物語』巻39
  9. ^ 『水左記』
  10. ^ 『柳原本水左記』
  11. ^ 『尊卑分脈』
  12. ^ 『師通記』
  13. ^ 『中右記』
  14. ^ 角田文衛による

参考文献編集