藤原彰子

藤原道長の長女。一条天皇の中宮(皇后)。

藤原 彰子(ふじわら の しょうし/あきこ、988年永延2年〉- 1074年10月25日承保元年10月3日〉)は、日本の第66代天皇一条天皇皇后中宮)。後一条天皇後朱雀天皇の生母(国母)、女院院号上東門院(じょうとうもんいん)。大女院(おおにょいん)とも称された。

藤原 彰子
第66代天皇后
皇后(中宮) 長保2年2月25日1000年4月2日
皇太后 長和元年2月14日1012年3月9日
太皇太后 寛仁2年1月7日1018年1月26日
上東門院
院号宣下 万寿3年11月9日1026年12月20日

誕生 永延2年(988年
崩御 承保元年10月3日1074年10月25日
山城国 法成寺阿弥陀堂
陵所 宇治陵大谷口(京都府宇治市
彰子
別称 大女院
東北院
氏族 藤原氏北家御堂流
父親 藤原道長[1]
母親 源倫子
配偶者 一条天皇
入内 長保元年11月1日999年12月11日
子女 後一条天皇
後朱雀天皇
養子女 敦康親王
身位 女御皇后中宮)→皇太后太皇太后
立后前位階 従三位
宮廷女房 紫式部和泉式部赤染衛門
テンプレートを表示

女房に『源氏物語』作者の紫式部、王朝有数の歌人として知られた和泉式部歌人で『栄花物語』正編の作者と伝えられる赤染衛門、続編の作者と伝えられる出羽弁、紫式部の娘で歌人の越後弁(のちの大弐三位後冷泉天皇乳母)、そして「古の奈良の都の八重桜 けふ九重に匂ひぬる哉」の一首が有名な歌人の伊勢大輔などを従え、華麗な文芸界を形成していた。

系譜編集

藤原道長の長女。母は左大臣源雅信の女・倫子(964-1053)。同母弟妹に関白太政大臣頼通(992-1074)・同教通(996-1075)と、三条天皇中宮妍子(994-1027)・後一条天皇中宮威子(999-1036)・後朱雀天皇妃嬉子(1007-1025)が、また異母弟には右大臣頼宗・権大納言能信・同長家らがいる。

経歴編集

入内・立后編集

長徳元年(995年)、彰子8歳の時に、父・道長が内覧の宣旨を受ける。長保元年(999年)2月9日、裳着を終えた後、同11日に一条天皇から従三位に叙せられる[2]。同年11月1日、一条天皇[注釈 1]に入内し、同月7日に女御宣下をうけた。このとき彰子は弱冠12歳[注釈 2]であった。

彰子の入内当時、一条天皇の後宮にはすでに正暦元年(990年)に中宮として冊立されていた藤原定子のみならず、藤原元子藤原義子藤原尊子女御として入内していた。しかし、彰子入内以前の長徳2年5月、中宮である定子は、一条天皇の命をうけた検非違使[注釈 3]によって兄弟の藤原伊周藤原隆家が訴追(長徳の変)されたことに衝撃を受けて出家する[3][4]。定子は一条天皇の第一子・脩子内親王を出産し、彰子の女御宣下と同じ長保元年11月7日に第一皇子・敦康親王を出産するも、僧形にあったため、公家社会の反発と支持の低下を招いていく[5][6][注釈 4]。同時期、一条天皇の寵愛を受けていた藤原元子は懐妊中に子が水となって流れたことにより里居しており、藤原尊子も内裏を退下していたとみられ、藤原義子は懐妊しなかった[7]

これを背景に、当時の蔵人頭であった藤原行成が、まだ皇子出産の可能性のない彰子の後宮での存在感を高めたい道長の意図も汲み[8]、長保2年正月に一条天皇に対して彰子立后の意見具申を行う[9]。すぐに彰子に対して一条天皇から立后兼宣旨が下り[9]長保2年2月25日(1000年4月2日)に立后の儀が執り行われ、中宮に冊立される。このとき、后位にあった定子が存命していたため、これは史上初の一帝二后とされる[10]

しかし、一帝二后の期間は短く、彰子が中宮に冊立されて一年も経たない長保2年12月、藤原定子は難産で崩御する。彰子は一条天皇の唯一の正室となった。

中宮として編集

彰子は、13歳という幼さで一条天皇の第一皇子・敦康親王の養母となる[11]。一条天皇としては自らの最有力後継者候補でありながら母を失った第一皇子を、正室である中宮が養育するのは理想の形[注釈 5]であった。一方で、定子と中関白家を政治的に追い詰めたとされる藤原道長であるが、飲水病に体を蝕まれていた彼は[12]、自らのみならず兄弟姉妹のいる兼家流藤原氏を守るためにも[13]、彰子に子が生まれるまで敦康親王を後見せざるを得なかった[注釈 6]。彰子は親王を自らの局である藤壺に引き取って、日常的に養育することになる[注釈 7]。この際、まだ幼い彰子に代わり、母の源倫子が積極的に育児に関わったとされる[14]

倫子は娘を精力的に補佐したとされる[15]が、彰子も寛弘4年(1007年)に倫子が四十四歳で末妹・藤原嬉子を出産した際、第七夜の産養を主催している。彰子は母と末妹に織物衣と産着を贈った。道長はこのことについて、「未だ家から立たれた皇后が、母の為にこのようなことをなさったことはない。百年来、聞いたことがない」と喜びをもって『御堂関白記』に記している[16]。だが、道長は妻倫子の出産を喜びつつも、実際のところは19歳になった彰子の懐妊・出産を待ち望んでいたと思われ、この年の夏、金峯山へ参詣している[17]

寛弘5年(1008年)、ついに彰子の懐妊が判明する[注釈 8]。9月11日、三十時間以上に及ぶ難産の末[18]土御門殿にて一条天皇の第二皇子・敦成親王(後一条天皇)を出産した。紫式部の手になる『紫式部日記』に詳細に綴られているのはこの懐妊・出産の様子である。道長は大いに喜んだ。きっちりとした後見の元に皇子が生まれたことに安堵したらしい[注釈 9]一条天皇は彰子と若宮の内裏参入が11月17日と聞いたため、「あまりに先のことであるから(待ちきれないので)自分が訪れる」[19]といい[20][21]、10月16日に土御門殿へ行幸する。さらにはその翌年の寛弘6年(1009年)、再び彰子は懐妊する。11月25日、今度はすんなりと安産で第三皇子・敦良親王(後朱雀天皇)を生む。これにより、道長の威信は大きく強まった。

しかし、この出来事で窮地に立たされたのが第一皇子であった敦康親王であった。寛弘6年正月末、彰子と敦成親王への呪詛が発覚する[22][23][24]。呪詛を行ったとして捕縛されたのは円能という法師で、関係者に高階明順高階光子源方理の名前が出た。彼らは全て藤原伊周の縁者[注釈 10]であり、朝政に復帰していた伊周も大きな打撃を受ける。その伊周もその翌年、寛弘7年(1010年)正月に没した。敦康親王は後ろ盾を完全に失う。道長は敦成親王の未来の即位へ向け行動していく。

寛弘8年(1011年)5月、一条天皇が発病する。それを皮切りに、道長は一条天皇が譲位するよう圧力をかけていく[注釈 11][注釈 12]。いまだ一条天皇は皇后所生の敦康親王を正嫡としていまだ後継者に望んでおり、その中宮である彰子も手元で育てていた敦康親王に同情的であった[25]。しかし、藤原行成に説得されて一条天皇は敦康親王を立太子するのをあきらめ、敦成親王を立太子させることにする[26][27][28]。そして6月13日、一条天皇は三条天皇に譲位する。

ところが、父によって夫や養い子がないがしろにされていくことに怒りをあらわにしたのが他ならぬ彰子であった[注釈 13][29][30]。また、父道長は彰子に一条天皇譲位のことを一切相談していなかったことも、彼女の怒りを買った。しかし、彰子はまだ経験不足であり、この状況を打開できる政治力を持てなかった[31]

一条院は出家し、6月22日に宝算32歳で崩御。この際、そばで看病していた彰子に「露の身の風の宿りに君[注釈 14]を置きて塵を出でぬる事ぞ悲しき」[注釈 15]と御製を残している[32]。彰子は24歳の若さで夫を失った。彼女の嘆きは深かったようで、まだ幼い子供達を抱えた彼女は、「見るままに露ぞこぼるるおくれにし心も知らぬ撫子の花[注釈 16]」と詠んだ[33]

国母へ編集

長和元年(1012年)2月14日に皇太后寛仁2年(1018年)正月7日に太皇太后となる。この間、長和5年(1016年)正月29日には敦成親王が即位し(後一条天皇)、道長は念願の摂政に就任した。翌年、道長は摂政・氏長者をともに嫡子・頼通にゆずり、出家して政界から身を引いた。なお、道長の摂政就任と退任の上表は幼少の天皇ではなく彼女宛に出され、退任後の太政大臣補任も彼女の令旨によって行われている。これは天皇の一種の分身的存在である摂政(およびその退任者)の人事が、天皇や摂政自身によって行われることは一種の矛盾(自己戴冠の問題)を抱えていたからだと考えられている。道長の出家後、彰子は指導力に乏しい弟たちに代えて一門を統率し、頼通らと協力して摂関政治を支えた。しかしこの後摂関家一族の姫は、入内すれども男児には恵まれないという不運が続いていく。

万寿3年(1026年)正月19日、落飾し法名を清浄覚とする。同日、一条天皇母后で、彼女にとっては伯母で、義母でもあった東三条院詮子の先例にならって女院号を賜り、上東門院を称した。後年、父道長が建立した法成寺の内に東北院を建てて、晩年ここを在所としたため、別称を東北院ともいう。

晩年編集

長元9年(1036年)4月17日に後一条天皇、寛徳2年(1045年)正月18日に後朱雀天皇が崩御し、十年の間に二人の子を失った。その後は孫の後冷泉天皇が即位したが、その代に息子師実へ関白職を譲りたい旨を頼通から聞かされたとき、女官に髪を梳かせていた彰子はにわかに機嫌を悪くし、内裏へ「父道長の遺令に背くのでお許しにならぬように」との旨を奏上させ、ために頼通は弟教通へ譲らざるをえなかったというエピソードがある。永承7年(1052年)には重篤な病に陥るが、弟頼通・教通らは国母の病気平癒の願いを込めて大赦を奏請し、これにより前年から始まっていた前九年の役が一時停戦となっている。その後体調は回復したが、後冷泉天皇のみならず、父が全盛を築いた摂関政治を終焉に導く[34]こととなった後三条天皇と、二人の孫にまで先立たれた。彼女は比較的多くの和歌を残したが、なかでも後一条天皇の死後に詠んだ「ひと声も君に告げなんほととぎす この五月雨は闇にまどふと」等、肉親の死を悼んだ歌が多い。

曾孫・白河天皇の代、承保元年(1074年)10月3日、法成寺阿弥陀堂内にて、87歳で崩御した(『扶桑略記』『百練抄』など)。同年2月2日に死去した長弟頼通に遅れること8か月であった。翌年には次弟教通も薨じ、院政開始への道が敷かれた。

墓所編集

東山鳥辺野の北辺にある大谷口にて荼毘に付され、遺骨は宇治木幡の地にある藤原北家累代の墓所のうち、宇治陵に埋葬された。葬送の日、弟の関白教通は御禊を目前に控えながら白河天皇の制止を振り切り、霊柩の後を歩行して扈従したという(『栄花物語』布引の滝)。

人物・逸話編集

二代の国母として摂関政治の全盛に貢献し、後世、あやかるべき吉例として長く景仰された[35]

紫式部日記』には彰子の肌が透き通るように美しく、髪もふさふさとして見事な様が記されている。

敦成親王を出産後彰子は11月17日に内裏参内予定だったが、一条天皇は「待ちきれないから自分が訪れる」と10月に彰子が滞在する土御門殿に行幸した。彰子が内裏に戻ると、一条天皇はすぐ彰子の御座所に渡り、夜は彰子が天皇の夜大殿に昇った。翌年、敦良親王が誕生。

聡明で優しく、ライバルとされる中関白家にも贈物など礼儀や援助をかかさず生涯面倒を見た。

栄華を極めながら思慮深く『賢后』と賞された(小右記)。

一条天皇とは最期まで一緒におり、一条の辞世の句は彰子の傍らで読まれ、彰子が書き留めた。

局に藤壺(飛香舎)が割り当てられたため、『栄花物語』では彰子のことを「かかやく藤壺」と賞している。

藤原彰子が登場する作品編集

注釈編集

  1. ^ 一条天皇国母藤原詮子藤原道長が姉弟関係であったことにより、一条天皇は彰子の従兄にあたる。
  2. ^ 数え。実年齢は11歳。
  3. ^ 当時の検非違使別当藤原実資のため『小右記』にこの事件の詳細が見られる。
  4. ^ 『小右記』長徳三年六月二十二日条、『権記』長保元年八月十八日条。『権記』では大江匡衡が定子を僧でありながら帝の寵愛を受けた則天武后にたとえ、『小右記』長保元年十一月七日条では定子を「風態の変わった僧侶」として「横川の皮仙」になぞらえて記している。
  5. ^ 蔵人頭である藤原行成が、明帝の御代、子供のいない馬皇后章帝を養育させた故事をもって度々一条天皇に彰子に敦康親王を養育させるよう進言していたという(『藤原彰子』、吉川弘文館、2019年、27頁)
  6. ^ 黒板伸夫『藤原行成(人物叢書)』吉川弘文館、倉本一宏『摂関政治と王朝貴族』吉川弘文館参照。彰子は当時まだ幼少で懐妊の可能性がなく、藤原道長は姪(定子)の子にあたり親族関係とはいえる敦康親王を後見することで朝廷における発言権を確保しようとしていたとされる。
  7. ^ 『栄花物語』によれば、敦康親王を養育していたのは実母・藤原定子の妹である御匣殿であったが、彼女は一条天皇の子を懐妊している途中で没した。彰子はそのあとを引き取ったものと推察できる。
  8. ^ 『栄花物語』巻八「はつはな」において、彰子が「気分が普通ではなく、いつも眠くて、月の障りが先月も今月も来ていない」と訪ねてきた一条天皇に訴え、天皇が彼女の懐妊に気づく描写がある。
  9. ^ 『栄花物語』巻八では、一条天皇は敦成親王を腕に抱いたとき、「敦康親王のときはこのように華やかに祝われなかった」「皇位を継ぐものには外戚となる人がいてこそ張り合いのあるもので、その人がなければどうしようもない」と安堵しつつも複雑な心境を漏らしている。
  10. ^ 高階明順、高階光子は伊周の母・高階貴子のきょうだいであり、源方理は伊周の妻の兄弟であった。
  11. ^ 『一条天皇〈人物叢書〉』吉川弘文館、2003年によれば、道長にとっては、敦成、敦良の二皇子が生まれた以上、はやく一条天皇に譲位してもらいたかったとする。『藤原彰子〈人物叢書〉』吉川弘文館、2019年によれば、道長は一条天皇崩御の卦が出たとして権僧正慶円と大声で涕泣し、その声が病床の天皇の耳に聞こえて天皇はショックを受け、重病となったという。そのことで一条天皇の譲位の話が進んでいったとする(『権記』寛弘8年五月二十七日条)。
  12. ^ 後世の『古事談』『愚管抄』には、一条天皇の死後、彰子が道長と共に天皇の遺品を整理していた際、「三光明ならんと欲し、重雲を覆ひて大精暗し(天皇が正しい政を欲するのに、道長一族の専横によって国は乱れている)」と記された天皇の手記を見つけ、道長がこれを焼き捨てたという記述が見える。
  13. ^ 権記寛弘八年五月二十七日条には「后宮(彰子)、丞相(道長)を怨み奉り給うと云々」と彼女が激怒していることが記されている。『栄花物語』巻九においても、彰子が父の道長に敦康親王を無視して敦成親王立太子に向けて動くことについて諫言し、父の道長が彼女に反論している様子が描かれている。
  14. ^ この「」を示すのは、『権記』の記述に基づいて『一条天皇〈人物叢書〉』(吉川弘文館、2003年)では皇后定子の可能性もあるとする。ところが皇后定子とすると、彰子が目の前にいるにもかかわらず、だいぶ前に亡くなった人物について口にするのは状況的にも難があり、和歌の意味が取れない箇所もある。『藤原彰子〈人物叢書〉』(吉川弘文館、2019年)、『藤原彰子 天下第一の母〈ミネルヴァ日本評伝選〉』(ミネルヴァ書房、2018年)参照。
  15. ^ 「はかない身の私が風の泊まっているところ(現世)に君を置いて塵の世(この世)を出ていくことが悲しい」と意味が取れる。
  16. ^ 「故院に先立たれた私の心も知らないままに撫子を手に取った我が子をみるにつけても、涙が溢れる」と意味が取れる。

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 藤原彰子 朧谷寿著”. 日本経済新聞 (2018年8月11日). 2020年12月23日閲覧。
  2. ^ 『摂関政治と王朝貴族』吉川弘文館、2000年、139頁。 
  3. ^ 『摂関政治と王朝貴族』吉川弘文館、2000年、199頁。 
  4. ^ 検非違使が里居していた定子の御所(二条北宮)に押し入り、藤原隆家を捕縛し、伊周は逃走したという。(『小右記』長徳二年五月一日条)
  5. ^ 『藤原行成』吉川弘文館、1994年、93-95頁。 
  6. ^ 『摂関政治と王朝貴族』吉川弘文館、2000年、138-143頁。 
  7. ^ 『摂関政治と王朝貴族』吉川弘文館、2000年、125-145頁。 
  8. ^ 『藤原行成』吉川弘文館、1994年、101頁。 
  9. ^ a b 『権記』長保二年正月二十八日条。
  10. ^ 皇后(中宮)位に在職しているものが並立していた例は一条天皇治世初期の藤原遵子藤原定子の例がある。しかし、一人の帝に二人の皇后(中宮)が立つのはこの時期が初めてである。
  11. ^ 『藤原彰子』吉川弘文館、2019年、27頁。 
  12. ^ 『藤原彰子』吉川弘文館、2019年、27-28頁。 
  13. ^ 『摂関政治と王朝貴族』吉川弘文館、2000年、141頁。 
  14. ^ 東海林亜矢子「摂関期の后母—源倫子を中心に—」 『平安朝の女性と政治文化 宮廷・生活・ジェンダー』明石書店、2017年、90頁。 
  15. ^ 東海林亜矢子「摂関家の后母 —源倫子を中心に—」 『平安朝の女性と政治文化 宮廷・生活・ジェンダー』明石書店、2017年、72-101頁。 
  16. ^ 『御堂関白記』寛弘四年正月十一日条。
  17. ^ 『藤原彰子〈ミネルヴァ日本評伝選〉』ミネルヴァ書房、2018年、62頁。 
  18. ^ 『藤原彰子』吉川弘文館、2019年、53頁。 
  19. ^ 『御堂関白記』寛弘五年九月二十五日条。
  20. ^ 『藤原彰子〈人物叢書〉』吉川弘文館、2019年、57頁。 
  21. ^ 『藤原彰子 天下第一の母〈ミネルヴァ日本評伝選〉』ミネルヴァ書房、2018年、70頁。 
  22. ^ 『一条天皇〈人物叢書〉』吉川弘文館、2003年、174-175頁。 
  23. ^ 『藤原彰子〈人物叢書〉』吉川弘文館、2019年、62-63頁。 
  24. ^ 『藤原彰子 天下第一の母〈ミネルヴァ日本評伝選〉』ミネルヴァ書房、2018年、76-78頁。 
  25. ^ 『藤原彰子 天下第一の母〈ミネルヴァ日本評伝選〉』ミネルヴァ書房、2018年、89頁。 
  26. ^ 『藤原彰子〈人物叢書〉』吉川弘文館、2019年、73-74頁。 
  27. ^ 『一条天皇〈人物叢書〉』吉川弘文館、2003年、194頁。 
  28. ^ 『藤原行成〈人物叢書〉』吉川弘文館、1994年、176-177頁。 
  29. ^ 『藤原彰子〈人物叢書〉』吉川弘文館、2019年、74-75頁。 
  30. ^ 『一条天皇〈人物叢書〉』吉川弘文館、2003年、196-197頁。 
  31. ^ 『一条天皇〈人物叢書〉』吉川弘文館、2003年、197頁。 
  32. ^ 『藤原彰子 天下第一の母〈ミネルヴァ日本評伝選〉』ミネルヴァ書房、2018年、92頁。 
  33. ^ 『藤原彰子〈人物叢書〉』吉川弘文館、2019年、77-78頁。 
  34. ^ 樋口健太郎は藤原道長の摂政就任と辞任、更に太政大臣任命の決定が幼少の天皇や摂政(道長)本人ではなく、母后である上東門院(藤原彰子)が決定していることを注目し、摂関政治に致命的な打撃を与えたとされる白河法皇による摂政・関白に対する人事権行使は上東門院(藤原彰子)の先例に由来するとみている(樋口「院政の確立と摂関家-上東門院と白河院の連続性に注目して-」『中世摂関家の家と権力』校倉書院、2011年)。
  35. ^ 『中右記』『古事談』など

参考文献編集