藤原忠基 (鎌倉時代)

鎌倉時代の公卿。従二位参議右衛門督

藤原 忠基(ふじわら の ただもと)は、鎌倉時代公卿従二位参議右衛門督。父は権大納言藤原高実、母は藤原経通女。

 
藤原忠基
時代 鎌倉時代
生誕 寛喜2年(1230年
死没 弘長3年2月5日1263年3月15日
官位 従二位参議右衛門督
主君 後堀河天皇四条天皇後嵯峨天皇後深草天皇亀山天皇
氏族 藤原北家摂関家相続流九条家支流
父母 父:藤原高実
母:藤原経通
兄弟 忠基、良珍、厳慧
不明
円雄、信助、藤原清憲、実玄、昭算、藤原良澄、求道
テンプレートを表示

良平流の三代目編集

忠基は太政大臣に至った九条良平から始まる九条家支流の三代目であるが、忠基以降は公卿を輩出できなかった。

経歴編集

以下、『公卿補任』及び『尊卑文脈』の内容に従って記述する。

系譜編集

  • 父:藤原高実(1210-1248)
  • 母:藤原経通の娘
  • 妻:不詳
    • 男子:円雄
    • 男子:信助
    • 男子:藤原清憲
    • 男子:実玄
    • 男子:昭算
    • 男子:藤原良澄
    • 男子:求道

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 従三位に叙せられる以前の経歴は不明。なお、『公卿補任』では高実五男とある。
  2. ^ 朝観行幸。綜子内親王御給
  3. ^ 所労のため

参考文献編集