藤原忠行
時代 平安時代前期
生誕 不明
死没 延喜6年11月1日906年11月19日
官位 従五位下若狭守
主君 宇多天皇醍醐天皇
氏族 藤原南家巨勢麻呂
父母 父:藤原有貞、母:紀名虎
兄弟 忠行、忠門、経邦、清邦、忠相、長福、藤原有実
雄風王
維綱、維遠
テンプレートを表示

藤原 忠行(ふじわら の ただゆき)は、平安時代前期の貴族歌人藤原南家巨勢麻呂流、近江権守藤原有貞の子。官位従五位下若狭守

経歴編集

土佐掾掃部助を経て、宇多朝寛平2年(890年従五位下に叙爵し、翌寛平3年(891年散位頭に任ぜられる。

醍醐朝昌泰3年(900年遠江守に任ぜられ地方官に転ずる。延喜5年(905年刑部大輔と京官に復すが、翌延喜6年(906年)正月には若狭守として地方官に転じ、同年11月1日卒去

人物編集

勅撰歌人として、『古今和歌集』『後撰和歌集』に1首ずつ和歌作品が採られている[1]。『後撰和歌集』採録の和歌から、紀友則と交際があったことが窺われる。

官歴編集

注記のないものは『古今和歌集目録』による。

系譜編集

尊卑分脈』による。

脚注編集

  1. ^ 『勅撰作者部類』
  2. ^ a b 『尊卑分脈』

出典編集