メインメニューを開く

藤原 恒佐(ふじわら の つねすけ)は、平安時代前期から中期にかけての公卿藤原北家左大臣藤原良世の七男。官位正三位右大臣正二位一條右大臣または土御門右大臣と号す。

 
藤原恒佐
時代 平安時代前期 - 中期
生誕 元慶3年(879年
死没 承平8年5月5日938年6月5日
別名 一条右大臣、土御門右大臣
官位 正三位右大臣正二位
主君 醍醐天皇朱雀天皇
氏族 藤原北家
父母 父:藤原良世、母:紀勢子(紀豊春の娘)
兄弟 佐命、時佐、有佐、清真、邦基、公忠、恒佐、意住子
源定有の娘、藤原清貫の娘
有相、有時、有章、真忠、陳忠、則忠、懐忠、国忠、常明親王
テンプレートを表示

目次

経歴編集

左近衛将監六位蔵人を経て、宇多朝末の寛平8年(896年)父の左大臣藤原良世が致仕してまもなく従五位下叙爵する。

醍醐朝に入り、右馬助右兵衛佐左近衛少将と武官を歴任する一方、延喜10年(910年五位蔵人、延喜11年(911年春宮亮と醍醐天皇と皇太子保明親王に身近に仕える。のち、延喜12年(912年従四位下蔵人頭、延喜13年(913年右近権中将、延喜14年(914年)左近衛中将と、武官を務めながら順調に昇進し、延喜15年(915年参議に任じられ公卿に列す。これは、文章生から文官を歴任した6歳年上の兄・邦基より6年早い公卿昇格であった。

その後も、議政官として左近衛中将・衛門督と武官を務める一方、延喜17年(917年)従四位上、延喜23年(923年従三位権中納言延長5年(927年中納言承平2年(932年正三位、承平3年(933年大納言と醍醐朝後半から朱雀朝にかけても順調に昇進する。承平6年(936年)には上席の大納言・藤原保忠薨去により、太政官において藤原北家嫡流の忠平仲平兄弟に次ぐ席次を占め、同年右近衛大将を兼ね、翌承平7年(937年)には右大臣に至った。承平8年(938年)5月5日薨去。享年60。最終官位は右大臣正三位兼行右近衛大将。没後まもなく正二位贈位を受けた。

官歴編集

注記のないものは『公卿補任』による。

系譜編集

注記のないものは『尊卑分脈』による。

  • 父:藤原良世
  • 母:紀勢子(紀豊春(春豊[2]とも)の娘)
  • 妻:源定有の娘
  • 妻:藤原清貫の娘
    • 男子:藤原有章
    • 男子:藤原真忠
    • 男子:藤原陳忠
    • 男子:藤原則忠
    • 男子:藤原懐忠(?-?)
    • 男子:藤原国忠
    • 女子:常明親王

脚注編集

  1. ^ 『朝野群載』
  2. ^ 公卿補任

出典編集

公職
先代:
藤原仲平
右大臣
937 - 938
次代:
藤原実頼
軍職
先代:
藤原保忠
右近衛大将
936 - 938
次代:
藤原実頼
先代:
藤原保忠
左衛門督
931 - 933
次代:
橘公頼
先代:
源当時
右衛門督
921 - 931
次代:
藤原兼輔