藤原惟通

平安時代中期の貴族。藤原北家良門流。藤原為時の次男。四位・常陸介。
 
藤原惟通
時代 平安時代中期
生誕 不詳
死没 寛仁4年7月3日1020年7月25日
官位 四位、常陸介
主君 後一条天皇
氏族 藤原北家良門流
父母 父:藤原為時、母:不詳
兄弟 惟規、女子、紫式部惟通、定暹、藤原信経
テンプレートを表示

藤原 惟通(ふじわら の のぶみち)は、平安時代中期の貴族藤原北家良門流、越後守藤原為時の子。藤原惟規紫式部らの異母弟。官位は四位・常陸介

経歴編集

一条朝から三条朝にかけて蔵人所雑色右兵衛尉を歴任。後一条朝に入り、常陸介在職中の寛仁3年(1019年)7月に四位に叙せられるが、翌寛仁4年(1020年)7月3日に任地で卒去。享年不詳だが、40代前半だったと思われる。

惟通が没した後も、彼の母(式部の継母にあたる)と妻子は帰京せずに常陸国にとどまった。これは常陸に惟通とその一族が所有する荘園があったことを意味している。惟通が没した年の閏12月に惟通の未亡人が常陸国住人の平為幹によって強姦されるという事件が起こった。惟通の母の訴えにより、為幹は逮捕されて身柄を拘束されたが[1]、翌年には赦免されている。

官歴編集

脚注編集

  1. ^ 『左経記』寛仁4年閏12月26日条
  2. ^ 『権記』
  3. ^ 『御堂関白記』
  4. ^ a b 『小右記』
  5. ^ 『小記目録』

参考文献編集