メインメニューを開く
 
藤原成家
時代 平安時代後期 - 鎌倉時代初期
生誕 久寿2年(1155年
死没 承久2年6月4日1220年7月5日
官位 正三位兵部卿
主君 後白河天皇二条天皇六条天皇高倉天皇安徳天皇後鳥羽天皇土御門天皇順徳天皇
氏族 藤原北家長家流(御子左流
父母 父:藤原俊成、母:美福門院加賀
兄弟 覚弁、八条院三条、高松院新大納言、
上西門院五条、八条院権中納言、
八条院按察、成家建春門院中納言
前斎院大納言、定家、快雲、
後白河院京極局、八条院坊門局、
前斎院女別当、二条院兵衛督、静快、
二条殿青女房
大宮禅尼
言家宣家雅家
テンプレートを表示

藤原 成家(ふじわら の なりいえ)は、平安時代後期から鎌倉時代初期にかけての公卿藤原北家御子左流藤原俊成の長男。官位正三位兵部卿

経歴編集

保元2年(1157年)に叙爵、仁安元年(1167年)に侍従に任じられる。文治元年(1185年)に右近衛少将に任じられ、正治元年(1199年)に右近衛中将に転じた。建仁3年(1203年)に従三位に叙され、承元4年(1210年)に正三位に進み、建暦元年(1211年)には兵部卿に任命されるが、建保3年(1215年)に出家した。

系譜編集