メインメニューを開く

藤原 敦信(ふじわら の あつのぶ)は、平安時代中期の貴族歌人。概ね10世紀末頃から11世紀中頃までにかけて活動していた。藤原式家因幡守・藤原令茂(合茂)の子。官位正五位下(または正四位下)・山城守

 
藤原敦信
時代 平安時代中期
生誕 不明
死没 不明
官位 正五位下/正四位下山城守
主君 円融天皇
氏族 藤原式家
父母 父:藤原令茂(合茂)、母:源等
良峯氏または橘恒平
明衡
テンプレートを表示

経歴編集

円融朝文章生となり、敦良親王の読書始に列席する等の活動を行っていた。藤原式家の院政期における儒文確立の礎を築く等の活躍をしている。晩年の様子については不詳であるが、不遇で出家したようである。

系譜編集