メインメニューを開く

藤原 文山(ふじわら の ふみやま)は、平安時代初期の貴族藤原南家乙麻呂流、大納言藤原雄友の子。官位従四位上右京大夫

 
藤原文山
時代 平安時代初期
生誕 不明
死没 承和8年3月21日841年4月16日
官位 従四位上右京大夫
主君 嵯峨天皇淳和天皇仁明天皇
氏族 藤原南家乙麻呂
父母 父:藤原雄友、母:石上宅嗣
兄弟 真川、広河、文山秋常弟河、弟男、藤原総継
紀鯖丸娘、藤原真友
長基、常基
テンプレートを表示

目次

経歴編集

弘仁元年(810年従五位下叙爵し、翌弘仁2年(811年造西寺次官次いで玄蕃頭に任ぜられる。その後嵯峨朝において、宮内少輔侍従を歴任する。

淳和朝に入ると、天長元年(824年正五位下、天長2年(825年従四位下と俄に昇進し、右京大夫を務める。

天長10年(833年仁明天皇即位に伴い従四位上に昇叙され、のち内蔵頭・右京大夫を歴任した。承和8年(841年)3月21日卒去。最終官位散位従四位上。

官歴編集

六国史』による。

系譜編集

尊卑分脈』による。

参考文献編集