メインメニューを開く

藤原 末茂(ふじわら の すえしげ/すえもち)は、奈良時代貴族藤原北家左大臣藤原魚名の三男。官位従五位上美作守

 
藤原末茂
時代 奈良時代
生誕 不詳
死没 不詳
官位 従五位上美作守
主君 光仁天皇桓武天皇
氏族 藤原北家魚名流
父母 父:藤原魚名、母:藤原宇合の娘
兄弟 鷹取鷲取末茂藤成真鷲藤原小黒麻呂室、藤原長道
不詳
沢継野継門継総継藤原道雄
テンプレートを表示

経歴編集

宝亀8年(777年)3月に父・魚名の曹司(官衙庁舎)に光仁天皇行幸した際、従六位上から三階昇進して従五位下叙爵され、同年10月図書頭に任ぜられる。のち、左衛士員外佐中衛少将といった武官や、美濃介肥後守等の地方官を歴任する。

桓武朝に入ると、天応2年(782年)突如として左大臣として太政官の首班にあった父・魚名が失脚すると、末茂も他の兄弟と共に連座して、土佐介に左遷される。翌延暦2年(783年)兄・鷹取と共に入京を許され、延暦3年(784年)7月には一旦伊予守に任ぜられるものの、同年9月には再び日向介に左遷されてしまう。

その後、再び赦されたらしく、延暦7年(788年内匠頭、延暦9年(790年)従五位上・美作守に叙任されている。

官歴編集

続日本紀』による。

系譜編集

尊卑分脈』による。

出典編集