藤原正家
時代 平安時代後期
生誕 万寿3年(1026年
死没 天永2年10月12日1111年11月14日
官位 正四位下式部大輔
主君 後三条天皇白河天皇堀河天皇鳥羽天皇
氏族 藤原北家真夏流日野家
父母 父:藤原家経、母:藤原能通の娘
兄弟 正家行家広家、長済、経円、
藤原通宗室、藤原弘信
藤原良任の娘
広綱俊信
テンプレートを表示

藤原 正家(ふじわら の まさいえ)は、平安時代後期の貴族学者歌人藤原北家真夏流(日野家)、式部権大輔藤原家経の長男。官位正四位下式部大輔

経歴編集

文章博士を務め、正四位下・式部権大輔にまで昇った学者である藤原家経の子として誕生。少年時代から神童の誉れ高く、『法華経』を1日に50部転読し、数万部を暗誦していたといわれる[1]

長じてからも学者の道を歩み、対策に及第したのち、後冷泉朝にて大内記越中守を経て康平4年(1061年)に右少弁に任官する。治暦元年(1065年)左少弁兼文章博士、治暦4年(1068年正五位下、治暦5年(1069年)右中弁、延久2年(1070年従四位下、延久4年(1072年)従四位上、承保2年(1075年正四位下、承保4年(1077年)左中弁、承暦4年(1080年)右大弁と、後冷泉・後三条白河の三朝20年以上に亘って弁官を務める。また、この間の承暦2年(1078年蔵人頭にも任ぜられるが、まもなくこれを辞すなど、公卿の座を目前にするも昇進は叶わなかった。

応徳元年(1084年若狭守として地方官に転じるが、寛治元年(1087年)には式部権大輔として堀河天皇の御読書始に際して侍読を務め、嘉保2年(1095年)式部大輔に任ぜられた。

天永2年(1111年)10月12日卒去享年86。

人物編集

後三条天皇白河天皇の時代において大江匡房と並んで双璧の学者とされた[2]儒学に優れていたことから「儒宗」と呼ばれ、さらには相人としての評判も高いなど[3][4]博学多才であった。

歌人でもあり、永承6年(1051年)の『侍臣歌合』を始めとして、『承暦二年内裏歌合』『嘉保元年前関白師実歌合』等に出詠、天仁元年(1108年大嘗会では主基方の和歌の作者となった。『金葉和歌集』(1首)以下の勅撰和歌集に3首が入首[5]。また、漢詩文でも大江匡房に並ぶ程の才能であったといわれ、『本朝続文粋』に作品が残っている。

逸話編集

『今鏡』には後三条天皇とその近臣である大江匡房・藤原実政との逸話の次に、以下のような正家との逸話を載せており[2]、正家が匡房・実政と並ぶ後三条天皇の近臣であったことが窺われる。

  • 後三条天皇の代の初め頃の内裏焼失[6]の際、天皇の周りにたまたま伺候する者がいなかったが、天皇が紫宸殿に行ってみると火事の対処にてきぱきと動き回る見知らぬ者(正家)がいたため名を問うた。正家は天皇に顔を知られていないため、気を利かせて「左少弁正家」と官職名を付けて名を名乗ると、天皇は弁官であれば近くに伺候するように命じたという。

官歴編集

注記のないものは『弁官補任』による。

系譜編集

尊卑分脈』による。

脚注編集

  1. ^ 竹鼻[1984: 209]
  2. ^ a b 今鏡』すべらぎの上 第一,司召し
  3. ^ 尊卑分脈』に「究竟相人」の記載あり。
  4. ^ 中外抄』『古事談
  5. ^ 『勅撰作者部類』
  6. ^ 後三条天皇の代における内裏焼失は2回(治暦4年12月11日(1069年1月6日)、延久2年2月12日(1070年3月26日))発生しているが、前者における出来事であるという。
  7. ^ 『侍臣歌合』
  8. ^ 『二東記』
  9. ^ 『中右記』
  10. ^ 竹鼻[1984: 210]
  11. ^ 『日本人名大辞典』

出典編集