藤原泰通

平安時代後期から鎌倉時代初期にかけての公卿。正二位・権大納言、按察使。

藤原 泰通(ふじわら の やすみち)は、平安時代後期から鎌倉時代初期にかけての公卿藤原北家中御門流参議藤原為通の子。官位正二位権大納言按察使。大納言・藤原成通の猶子。

 
藤原泰通
時代 平安時代後期 - 鎌倉時代初期
生誕 久安3年(1147年
死没 承元4年9月20日1210年10月9日
官位 正二位権大納言按察使
主君 鳥羽上皇近衛天皇後白河天皇二条天皇六条天皇高倉天皇安徳天皇後鳥羽天皇土御門天皇順徳天皇 
氏族 藤原北家中御門流
父母 父:藤原為通、母:源師頼
猶父:藤原成通
兄弟 伊忠泰通、性禅、猷玄、女子
藤原隆季娘、藤原教良
経通国通朝通広通、覚愉、寛俊、道寛、信宗、藤原兼良室、
正親町三条公氏室?、源経成
テンプレートを表示

経歴

編集

以下、『公卿補任』と『尊卑分脈』の内容に従って記述する。

高倉天皇の近習

編集

『禁秘抄』によれば、泰通は高倉天皇の近習であったという[10]

系譜

編集

脚注

編集
  1. ^ 春宮当年御給。
  2. ^ 成通の譲りによる。
  3. ^ 同日、右少将に遷るが、28日には元のごとく左少将となるよう仰せが下る。
  4. ^ 朝観行幸の際。
  5. ^ 皇嘉門院当年御給。
  6. ^ この時、泰通は参議第4序列であったが、第6序列であった藤原兼光と共に上首を超えて権中納言に任ぜられた。
  7. ^ 源通親が権大納言に転任したことに合わせての転正である。
  8. ^ 同日の異動で、源通親は内大臣に、源通資は権大納言に昇進している。
  9. ^ 息男経通を右少将から右中将に挙任するため。
  10. ^ 明月記研究会 編「『明月記』(治承四五年)を読む」(『明月記研究』第5号、2000年11月)。

参考文献

編集