メインメニューを開く

藤原 浩(ふじわら ひろし、本名同じ、1960年昭和35年)6月23日 - )は、日本演歌歌手岡山県赤磐市(旧:赤磐郡吉井町)出身。身長178cm、血液型B型。

経歴編集

20歳の時、家計を支えるために長距離トラックのドライバーになり、運転席でラジオを聞く毎日であった。その後、特に演歌が好きになり歌を口ずさむようになる。

23歳、作曲家遠藤実主催の「日本演歌道場認定会」に初めて出場した時、最高位8段のところ7段を授与していただき、認定会終了後、遠藤の楽屋に呼ばれ、「東京に出て歌手にならないか」と誘いを受ける。しかし、当時は母(糖尿病の合併症から網膜はく離になり失明)と曾祖母、そして高校生の妹がおり、一家の大黒柱としてはどうしても決心がつかず、やむにやまれず断念。

その後もトラックドライバーとしての生活が続く中、母は入院し妹が嫁いで行く中、家で一人の生活が続くと、どうしても歌手への夢が捨てきれなくなり、次第に“一度きりの人生”と言う思いが強くなる。

そして歌手への夢を叶えるべく、遠藤の楽屋を押しかけ弟子入りを志願する日々を続けて、30歳でやっと弟子入りが許された。その後栃木県那須山中の石清水工場にて修行後上京して、師の付き人兼運転手として修業を続けた。

男性歌手としては、千昌夫一節太郎に続く3人目で最後の内弟子となる。

1994年(平成6年)5月21日、「真情」でソニーレコードからデビュー。

2002年(平成14年)1月、キングレコードに移籍。

脚注編集

外部リンク編集