藤原 満(ふじわら みつる、1946年9月18日 - )は、愛媛県松山市出身の元プロ野球選手内野手)・コーチ監督解説者評論家

藤原 満
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛媛県松山市
生年月日 (1946-09-18) 1946年9月18日(74歳)
身長
体重
177 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手遊撃手
プロ入り 1968年 ドラフト4位
初出場 1969年4月13日
最終出場 1982年10月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 南海ホークス
    福岡ダイエーホークス (1983 - 1990, 1993 - 1995)

現役時代の愛称は、プロボクサーのチャチャイ・チオノイにちなんだ「チャイ」。

経歴編集

プロ入り前編集

松山商では3年次の1964年夏の甲子園北四国大会県予選準決勝に進出するが、西条高に惜敗して甲子園出場はならなかった。高校卒業後は1965年近畿大学へ進学し、後にロッテで活躍した有藤通世と三遊間を組む。関西六大学リーグでは高校の先輩であるエース・山下律夫を擁し、2年次の1966年春季で近大の初優勝に貢献。同年の大学全日本選手権では決勝で日大に敗れ準優勝となり、これを含めて在学中に3度の優勝を経験。リーグ通算87試合出場、305打数80安打、打率.262、6本塁打、45打点。有藤以外の大学同期に加納茂(電電近畿)・小島健郎(日本生命)両投手、阪口正晴(大昭和製紙)・原田富士雄(電電近畿監督)の両外野手などがいる。

現役時代編集

1968年のドラフト4位で南海ホークスに入団。藤原自身は西鉄ファンで南海はあまり好きな球団ではなく、四国電力への入社が内定していたが、兄に勧められてプロ入りした。遊撃手として小池兼司の後継を期待され、1年目の1969年から33試合に先発出場を果たすが打撃面で低迷1971年に頭角を現し、1973年に同期の富田勝巨人に移籍すると三塁手の定位置を獲得し、同年は初の規定打席にも到達する(20位、打率.263)。同年の巨人との日本シリーズでは全5試合に三塁手として先発出場。第1戦では8回裏に決勝となる逆転2点適時打を放つが、その後の4試合は無安打に終わった。1974年には柏原純一と併用されて出場機会が減少するが、1975年より8年連続でシーズン100安打以上をマーク。1976年には吉岡悟に次ぐリーグ2位の打率.302、福本豊に次ぐ50盗塁を記録してベストナインダイヤモンドグラブ賞を獲得。1977年1980年1981年にも3割をマークする。1981年のオールスターゲーム第1戦では、6回に斉藤明雄から勝ち越し適時打を放ちMVPを獲得。1982年に125試合出場、122安打を記録しながら、この年限りで突然現役引退。江本孟紀の著書によれば「飛ぶボール(いわゆるラビットボール)のために自分らしい野手の間に落ちるヒットが打てなくなり、フライが多くなったから」といい、監督がブレイザーから穴吹義雄に替わってコーチ就任要請があったため、引退を決めたという。現役当時から非常にファンを大切にしており、大阪スタヂアムでの試合終了後に球場外で列をなしたファンたちにサインに応じる姿が頻繁に見られた。

現役引退後編集

引退後、南海とダイエーで一軍ヘッド兼内野守備コーチ(1983年)、ヘッドコーチ(1984年 - 1985年)、一軍打撃コーチ(1986年)、一軍内野守備・走塁コーチ(1987年 - 1988年)、二軍監督(1989年 - 1990年)、編成部フロント(1991年 - 1992年)、一軍守備・走塁コーチ(1993年 - 1994年)、二軍守備・走塁コーチ(1995年)を歴任。コーチ時代には佐々木誠山本和範を育て、退団後は九州朝日放送解説者西日本スポーツ評論家として活動している。かつては朝日放送の解説者も歴任。現在でも、レギュラー出演中の『アサデス。』(KBCテレビ)と『おはよう朝日です』(ABCテレビ)の間で相互乗り入れ形式の生中継企画「鷹虎大決戦 アサデス。KBC VS おはよう朝日です」を実施する場合に、両番組のスタジオから関西地方向けの放送へ登場することがある。2014年11月20日には『武田和歌子のぴたっと。』(ABCラジオ)にゲスト出演した。

コーチ就任時、漫画「あぶさん」で主人公の景浦安武が付けていた背番号90を希望(藤原曰く「たまたま空いてたから」)するも「これは『あぶさん』の番号だから」と断られたという逸話がある(「あぶさん」内では藤原は景浦の親友的ポジションで登場していた)。因みに景浦の背番号90は福岡ソフトバンクホークスとなった後も、同作品の原作者である水島新司の了解を得た上で[1]2016年(厳密には2015年オフの秋季キャンプ)からロベルト・スアレス投手が着用するまで準永久欠番だった。1995年に二軍コーチとなった際は一度、背番号90で発表された。

選手としての特徴編集

ミートがうまく、三振の少ない打者として知られ、打数の多い一番バッターでありながら、三振数は一番多いシーズンでも僅かに39個であった。

タイ・カッブが使用していた重量がありグリップの太い「つちのこバット」(すりこぎバット)を愛用していた。1973年のオープン戦で高畠康真打撃コーチが中央大学の先輩であるヤクルトの武上四郎からもらって来た「つちのこバット」を勧められて使ったところ、ホームランを打ったので、武上のバットと同じ形状で1kg以上ある重いバットを注文して作ってもらい、使用するようになった。以後藤原は高畠の指導の下、ボールに対して重い「つちのこバット」を上から叩きつける打法で右打ちをし、典型的な中長距離打者から足を生かす打者へ転身してヒットを量産した[2]。藤原の「つちのこバット」に目を付けた阪急の大熊忠義(近畿大学の先輩)がもらい受けて自軍の福本豊に使わせている[3]。藤原・福本とヤクルトの若松勉が「つちのこバット」で結果を出したことで、松本匡史高橋慶彦大石大二郎ら俊足の選手がこのタイプのバットを使用するようになった。また、藤原の成功に気を良くした野村克也は、以後自身が監督を務めたチームではヤクルトスワローズ飯田哲也阪神タイガース赤星憲広田中秀太東北楽天ゴールデンイーグルス鉄平森谷昭仁といった俊足打者に対し、自ら指令してこのタイプのバットを使用させた。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1969 南海 55 122 114 8 22 4 1 2 34 11 1 0 0 2 4 2 2 16 2 .193 .230 .298 .528
1970 29 52 46 8 7 2 0 0 9 1 1 0 1 0 4 0 1 8 0 .152 .235 .196 .431
1971 81 194 176 26 47 8 1 9 84 25 4 1 2 2 10 0 4 29 9 .267 .318 .477 .795
1972 29 50 46 9 13 2 0 1 18 2 1 0 0 0 1 0 3 8 1 .283 .340 .391 .731
1973 128 474 430 41 113 24 1 10 169 44 4 2 2 3 33 5 6 39 18 .263 .322 .393 .715
1974 76 250 234 18 53 8 1 4 75 20 4 3 0 2 14 4 0 13 9 .226 .268 .321 .589
1975 130 519 477 59 134 12 4 4 166 40 29 9 7 3 28 1 4 36 10 .281 .324 .348 .672
1976 130 567 526 72 159 21 4 8 212 48 50 17 4 5 28 3 4 37 12 .302 .339 .403 .745
1977 102 441 406 46 122 12 2 4 150 39 15 11 0 4 28 4 3 19 14 .300 .347 .369 .716
1978 99 414 396 44 100 8 0 2 114 15 13 8 2 0 15 1 1 18 14 .253 .282 .288 .569
1979 124 533 491 65 145 24 2 7 194 62 20 6 2 6 27 1 7 26 10 .295 .337 .395 .732
1980 119 516 476 72 143 25 1 8 194 37 21 8 1 1 35 2 3 25 14 .300 .351 .408 .759
1981 127 568 513 58 154 24 3 3 193 33 24 6 6 6 37 1 6 37 17 .300 .351 .376 .727
1982 125 524 466 38 122 14 3 3 151 36 8 6 17 3 27 2 11 33 13 .262 .316 .324 .640
通算:14年 1354 5224 4797 564 1334 188 23 65 1763 413 195 77 44 37 291 26 55 344 143 .278 .324 .368 .692
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル編集

  • 最多安打(当時連盟表彰なし):2回(1976年、1981年)

表彰編集

記録編集

初記録
節目の記録
  • 1000試合出場:1980年4月28日、対阪急ブレーブス前期4回戦(阪急西宮球場)、1番・三塁手で先発出場 ※史上215人目
  • 1000本安打:1980年8月13日、対近鉄バファローズ後期3回戦(大阪スタヂアム)、6回裏に谷宏明から右前安打 ※史上118人目
その他の記録

背番号編集

  • 7 (1969年 - 1983年)
  • 82 (1984年 - 1986年)
  • 74 (1987年 - 1988年)
  • 70 (1989年 - 1990年)
  • 80 (1993年 - 1994年)
  • 92 (1995年)

関連情報編集

出演番組編集

CM出演編集

脚注編集

  1. ^ 【ソフトB】新助っ人スアレス、球団初あぶさんの「90」背負う! - スポーツ報知2015年11月4日
  2. ^ 門田隆将『甲子園への遺言』196-197頁
  3. ^ 福本豊『走らんかい!』158頁

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集