メインメニューを開く
 
藤原為頼
時代 平安時代中期
生誕 天慶2年(939年)?
死没 長徳4年(998年
官位 従四位下摂津守
主君 花山天皇一条天皇
昌子内親王
氏族 藤原北家良門
父母 父:藤原雅正、母:藤原定方
兄弟 為頼、為長、為時、平維将室
上毛野公房娘
伊祐、脩政、良道、景頼
テンプレートを表示

藤原 為頼(ふじわら の ためより)は、平安時代中期の貴族歌人藤原北家良門流、刑部大輔藤原雅正の長男。官位従四位下摂津守紫式部伯父にあたる。

経歴編集

安和2年(969年春宮少進に任ぜられ、のち春宮権大進として皇太子・師貞親王に仕える一方、安芸権守丹波守と地方官を兼ねる。またこの間、安和2年(970年従五位下天元3年(980年従五位上と昇叙されている。

永観2年(984年)師貞親王が即位(花山天皇)すると、寛和元年(985年正五位上寛和2年(986年従四位下と急速に昇進する。しかし、同年6月に発生した寛和の変により花山天皇が退位・出家すると、以降の昇進は停滞した。

長徳2年(996年太皇太后宮大進に任ぜられ、太皇太后昌子内親王に仕える。

勅撰歌人として『拾遺和歌集』(5首)以下の勅撰和歌集に11首が入集[1]。家集『為頼集』がある。

系譜編集

  • 父:藤原雅正
  • 母:藤原定方の娘
  • 妻:上毛野公房の娘
    • 男子:藤原伊祐
  • 生母不明の子女
    • 男子:藤原脩政
    • 男子:藤原良道
    • 男子:藤原景頼

脚注編集

  1. ^ 『勅撰作者部類』

出典編集