メインメニューを開く

藤原 理忠(ふじわら の まさただ)は、平安時代中期の官吏。官位壱岐守

 
藤原理忠
時代 平安時代中期
生誕 不明
死没 寛仁3年4月7日1019年5月14日
墓所 長崎県壱岐市勝本町立石南触
官位 壱岐守
主君 後一条天皇
氏族 藤原氏
テンプレートを表示

経歴編集

寛仁3年(1019年)、得体のしれない賊徒が島の人々を襲い、家畜を食い荒らしていると言う急報を聞いて、直ちに布代城から兵士を率いて賊徒の討伐に向うが、約3000人もの賊徒にはとても敵わず、奮戦するも味方の兵士147人と共に討ち死にした(刀伊の入寇)。

長崎県壱岐市勝本町立石南触に理忠の墓がある。

出典・参考文献編集

  • 中上史行 「壱岐の風土と歴史」(自費出版)1995年初版、2002年第2版
  • 瀬野精一郎『長崎県の歴史』山川出版社。