藤原 盛重(ふじわら の もりしげ)は、平安時代後期の武士藤原北家良門流、藤原国仲(平国仲)[1]の子。官位従五位上検非違使相模守信濃守。近藤右衛門尉と号す。

 
藤原盛重
時代 平安時代後期
生誕 不明
死没 不明
改名 今犬丸/千寿丸(幼名)→盛重
別名 近藤右衛門尉
官位 従五位上検非違使相模守信濃守
主君 白河天皇高階経敏
氏族 藤原北家良門
父母 父:藤原国仲
兄弟 盛重盛仲定重隆仲国盛、念尊ら
盛俊近藤盛道盛賢盛宗盛成
盛綱盛景、重舜など
テンプレートを表示

略歴編集

周防国の出身で幼名を今犬丸(あるいは千寿丸)といい、初め東大寺に侍童として仕えていたが、白河院が南都(奈良御幸の際にその眉目秀麗なるを見初め、寵童(男色相手)として召し出したという。以後白河院に近侍し、元服して後は高階経敏に家人として仕える。北面武士としては寛治2年(1088年)『白河上皇高野御幸記』にその名が見え、『中右記』では康和4年(1102年)4月25日以降、検非違使在職が確認できる。

嘉承3年(1108年)には、藤原佐実源仲政との乱闘の末に髻を切られるという事件に際し、白河院の意を受けた摂政藤原忠実の命により、犯人を逮捕して名を挙げた。永久元年(1113年)の「永久の強訴」に当たっては、平正盛平忠盛源為義源光国らと共に興福寺大衆の鎮圧に派遣され、また同年「永久の変」に当たっては、鳥羽天皇呪詛の罪状を得た醍醐寺の僧仁寛の逮捕にも当たっている。この功績により、検非違使尉の地位を嫡男・盛道に譲ることを許されている。

脚注編集

  1. ^ 父・国仲は元来桓武平氏高棟流の一族(播磨守平生昌の次男以康の子)であったが、のちに良門流・藤原資国の養子となり藤姓に改めたとされる。