藤原範茂

子孫は高倉家(羽林家)
 
藤原範茂
時代 鎌倉時代前期
生誕 文治元年(1185年
死没 承久3年6月18日1221年7月9日
別名 甲斐宰相中将
墓所 神奈川県南足柄市怒田の範茂史跡公園
官位 従三位参議
主君 後鳥羽天皇順徳天皇
氏族 藤原南家高倉流
父母 父:藤原範季、母:平教子
兄弟 範時重子範茂範資範弘季子藤原範宗室、高階経仲室、隆重室、吉田資経室、藤原範家
正室:中納言局平知盛の娘)
範継四条隆親室、範有範房範能範任、雲円、忠成王
テンプレートを表示

藤原 範茂(ふじわら の のりもち/のりしげ)は、鎌倉時代前期の公卿藤原南家高倉流式部権少輔藤原範季の次男。官位従三位参議順徳天皇の外叔父。

生涯編集

後鳥羽天皇の寵臣として仕え、後鳥羽天皇と姉・重子(修明門院)の子である順徳天皇の近臣でもあった。

建久9年(1198年)従五位下に叙爵正治3年(1201年肥前守に任じられた後、左衛門佐左兵衛佐左近衛少将と武官を歴任し、承元3年(1209年)従四位下に叙せられる。建暦2年(1212年)左近衛中将、建保7年(1219年蔵人頭を経て、承久2年(1220年従三位参議に叙任され公卿に列した。

承久3年(1221年丹波権守に任ぜられる。同年、鳥羽上皇が鎌倉幕府打倒の兵を挙げた承久の乱では倒幕の密議に深く関与し、自ら宇治川の戦いに出陣した。上皇方の敗北後、六波羅に拘禁され、乱の首謀者として斬罪が定められた。都での処刑を避けるため、北条朝時に東国へ護送される道中で、足柄山の麓の早川の底に沈められて処刑された。これは、範茂が五体不具では往生に障りがあるため、自ら入水を希望したという。子・範継北条泰時の意向により、助命されている。また、死後の承久3年12月10日(1222年1月23日)に範茂の邸が放火された。

南足柄市怒田に、室町時代前期の作で範茂の墓と伝えられる宝篋印塔があり、範茂史跡公園となっている。

官歴編集

  • 建久9年(1198年)正月11日:六位蔵人、正月24日:従五位下
  • 正治3年(1201年)正月29日:肥前守
  • 建仁2年(1202年)閏10月24日:左衛門佐
  • 建仁3年(1203年)10月24日:従五位上
  • 元久2年(1205年)正月5日:正五位下(春宮御給)、正月29日:遷右兵衛佐、8月17日:復任
  • 承元元年(1207年)10月29日:右近衛少将、12月9日:越後守
  • 承元3年(1209年)正月5日:従四位下(修明門院御給)
  • 承元5年(1211年)正月21日[1]:従四位上
  • 建暦2年(1212年)正月13日:右近衛中将
  • 建保3年(1215年)2月14日:正四位下(修明門院御給)
  • 建保6年(1218年)4月21日:左近衛中将
  • 建保7年(1219年)正月22日;蔵人頭
  • 承久2年(1220年)正月22日:参議(左中将如元)、4月6日:従三位
  • 承久3年(1221年)正月13日:丹波権守

系譜編集

脚注編集

  1. ^ または正月23日。

出典編集

外部リンク編集