メインメニューを開く

藤原 経子(ふじわら の けいし / つねこ、生没年未詳)は、平安時代末期の女官。父は中納言藤原家成。兄弟に藤原隆季成親がおり、成親は同母兄と見られている。左大臣大炊御門経宗猶子

平重盛正室となり、清経有盛師盛忠房を産む。仁安元年(1166年)、叙爵。同年10月、憲仁親王立太子にあたり、乳母に選ばれた。仁安3年(1168年)、高倉天皇即位により、従五位上典侍となる。嘉応元年(1169年)11月の八十嶋祭では、勅使役を務めた。夫・重盛の官位から、大納言典侍、大納言三位と呼ばれた(ただし、従三位に叙された時期は不明)。承安元年(1171年)以降の記録は見られないが、重盛没後も存命であり、その後出家したものと推測される[1]

脚注編集

  1. ^ 高橋昌明『平家の群像』p57

関連項目編集