藤原経忠

日本の平安時代の公家
 
藤原経忠
時代 平安時代後期
生誕 承保2年(1075年
死没 保延4年7月16日[1]1138年9月2日
別名 堀河中納言、正字:經忠
官位 従二位中納言
主君 白河天皇堀河天皇鳥羽天皇崇徳天皇
氏族 藤原北家中関白家
父母 父:藤原師信
母:安楽寺別当増守または増秀の娘
兄弟 公衡基信経忠、春円
藤原実子(藤原公実の娘)
忠能経親信輔経雅信経実経、忠覚、増修、行縁、増忠、藤原家成
テンプレートを表示

藤原 経忠(ふじわら の つねただ)は、平安時代後期の公卿藤原北家中関白家播磨守藤原師信の子。官位従二位中納言

経歴編集

白河朝末の応徳3年(1086年従五位下叙爵し、寛治2年(1088年左兵衛佐に任官する。兵衛佐の功労などにより、寛治4年(1090年)従五位上次いで正五位下、寛治7年(1093年従四位下嘉保3年(1096年)従四位上と昇進した。

承徳2年(1098年正四位下安芸守に叙任されて、地方官に遷る。なお、康和4年(1102年火災によって経忠の邸宅が焼亡している[2]康和5年(1103年)宗仁親王の立太子に伴い、東宮昇殿を許される。嘉承2年(1107年堀河天皇崩御して宗仁親王が即位すると(鳥羽天皇)、経忠は引き続き昇殿を許される。同年、馬1匹を奉献するための使者として派遣された[3]。嘉承3年(1108年)邸宅に落雷があり、侍者一人が死亡している[4]

その後、天仁3年(1110年右馬頭天永2年(1111年皇太后亮(皇后は鳥羽天皇准母の令子内親王)と京官を務める一方で、但馬介近江守等の地方官も兼帯した。

保安5年(1124年)26年ぶりの昇叙により従三位左京大夫に叙任され公卿に列す。大宰大弐を経て、鳥羽院政期前期の長承2年(1133年参議に任ぜられた。議政官として左京大夫・大蔵卿を兼任し、長承3年(1134年正三位に叙せられる。

保延2年(1136年)には11月に権中納言、12月には中納言に転じるなど急速に昇進されている。保延4年(1138年従二位に至る。同年4月15日病のため出家し、7月16日薨去享年64。

官歴編集

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 尊卑分脈』では15日とある。
  2. ^ 殿暦』康和4年9月12日条
  3. ^ 『殿暦』嘉承2年3月29日条
  4. ^ 『殿暦』嘉承3年3月25日条
  5. ^ 菅原道真の七代孫

参考文献編集

  • 『公卿補任 第一篇』吉川弘文館、1982年
  • 『尊卑分脈 第一篇』吉川弘文館、1987年