藤原美都子

日本の平安時代の女官

藤原 美都子(ふじわら の みつこ、天応元年(781年)-天長5年9月5日828年10月17日))は平安時代初期の貴族女性、女官藤原南家出身。父は藤原真作。父方の祖父は藤原仲麻呂の乱で処刑された藤原巨勢麻呂。夫は藤原冬嗣

幼少期は斜陽の一族に産まれ不遇であったと推測されるが、藤原冬嗣の妻となり、3男1女を儲けると共に、自らの親族関係をももって冬嗣の政界工作に貢献したと考えられている。弘仁5年(814年)4月28日、冬嗣・美都子夫妻の邸宅である閑院第に嵯峨天皇が訪問し、その時に無位から従五位下に任官される(「類聚国史」)。後、尚侍となり(「日本三代実録貞観13年(871年)9月29日条、「文徳天皇実録嘉祥3年(850年)7月17日条)、嵯峨天皇淳和天皇の2代の天皇に仕え(「尊卑分脈」、「一代要記」)後宮で権勢を振るった。冬嗣は艶福家であったが夫婦仲は良かったらしく、死後、美都子の遺言によりこの時代には珍しく冬嗣の墓に夫婦合葬された。後に従一位を贈られる。

親族編集

参考文献編集

  • 「藤原冬嗣家族について」栗原弘(『阪南論集』人文・自然科学編 27-4号)