藤原良基
時代 平安時代中期 - 後期
生誕 治安3年(1023年
死没 承保2年閏4月19日(1075年6月5日
官位 従二位参議
主君 後朱雀天皇後冷泉天皇後三条天皇白河天皇
禎子内親王(皇太后宮職)
尊仁親王(春宮職)
氏族 藤原北家中関白家
父母 父:藤原良頼、母:源経房の娘
兄弟 良基、忠俊、家基、良朝、親快、源基平室、藤原基貞
平範国の娘
隆宗
テンプレートを表示

藤原 良基(ふじわら の よしもと)は、平安時代中期から後期にかけての公卿。藤原北家、権中納言藤原良頼の子。官位従二位参議

経歴編集

後朱雀朝初頭の長元10年(1037年従五位下叙爵し、侍従任官する。長暦4年(1040年左兵衛佐次いで右近衛少将に任ぜられると、長久3年(1042年正五位下、長久5年(1044年従四位下と、後朱雀朝では少将を務める傍らで昇進を重ねる。

後冷泉朝に入ると昇進が遅滞し、少将在任が20年近くに亘った末、康平2年(1059年)になってようやく右近衛権中将に昇任される。また、康平7年(1064年)には春宮亮に任ぜられ、春宮・尊仁親王にも仕えている。

治暦4年(1068年)4月に尊仁親王が即位後三条天皇)すると良基は蔵人頭に任ぜられ、7月には春宮亮の功労によって正四位下に叙せられ、12月には参議に補せられて公卿に列した。その後も、治暦5年(1069年従三位次いで正三位延久2年(1070年従二位と後三条朝で急速な昇進を果たす傍ら、春宮権大夫として、春宮・貞仁親王にも仕えた。

延久3年(1071年大宰大弐に任ぜられて九州へ下向する。延久4年(1073年)貞仁親王が即位(白河天皇)するが、良基に春宮権大夫としての特別な昇叙はなされず、逆に白河朝では藤原実季源経信権中納言昇進で先を越されている。

承保2年(1075年)閏4月19日に赴任先の大宰府で薨去享年53。最終官位は参議従二位兼大宰大弐。

官歴編集

注記のないものは『公卿補任』による。

系譜編集

尊卑分脈』による。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『近衛府補任』

参考文献編集