藤原 豊並(ふじわら の とよなみ)は、平安時代初期の官人藤原京家豊前介・藤原石雄または陰陽頭藤原並藤の子。官位正六位上遣唐判官

 
藤原豊並
時代 平安時代初期
生誕 不詳
死没 承和6年(839年
官位 正六位上遣唐判官従五位上
主君 仁明天皇
氏族 藤原京家
父母 父:藤原石雄または藤原並藤
仲直、内直
テンプレートを表示

経歴編集

承和5年(838年)7月に遣唐使の第2船の判官として唐へ出発し[1]、8月に唐へ到着。12月には長安まで入京する。翌承和6年(839年)閏1月に遣唐使一行は長安を出発し、2月に楚州に至るが、豊並はその途上で病に伏し卒去した[2]

遣唐使一行の帰国後、同年9月に遣唐大使・藤原常嗣以下に昇叙がなされた際、豊並に対してはにより哀愍が述べられ、正六位上から従五位上への贈位がなされている[3]

系譜編集

尊卑分脈』による。

脚注編集

  1. ^ 『続日本後紀』承和5年7月28日条
  2. ^ 『入唐求法巡礼行記』開成4年2月20日条
  3. ^ 『続日本後紀』承和6年9月28日条

出典編集