メインメニューを開く
 
藤原門宗
時代 平安時代前期
生誕 不詳
死没 不詳
官位 従四位上右近衛中将
主君 清和天皇陽成天皇
氏族 藤原北家真夏流
父母 父:藤原濱雄、母:藤原叡子(藤原乙叡の娘)
兄弟 家宗飽永門宗貞則益友、橘数雄室
不詳
有隣、女子(光孝天皇更衣
テンプレートを表示

藤原 門宗(ふじわら の かどむね)は、平安時代前期の貴族藤原北家参議藤原真夏の孫。民部少輔藤原濱雄の子。官位従四位上右近衛中将[1]

経歴編集

従五位下叙爵の後、貞観8年(866年刑部少輔に任ぜられる。貞観11年(869年)貞明親王が皇太子に立てられると、その春宮亮となる。

貞観18年(876年)11月に貞明親王が即位陽成天皇)すると、翌貞観19年(877年)には1年間のうちに従五位上から従四位下まで三階昇進するとともに、左近衛少将に任ぜられる。しかし、元慶2年(878年左京権大夫に転じ、のち右馬頭などを務めた。

光孝朝以降に、従四位上・右近衛中将に至る。

官歴編集

系譜編集

脚注編集

  1. ^ a b 『尊卑分脈』

参考文献編集