メインメニューを開く
 
藤原関主
時代 平安時代初期 - 前期
生誕 不詳
死没 不詳
官位 正五位下因幡守
主君 仁明天皇文徳天皇清和天皇
氏族 藤原北家
父母 父:藤原園人、母:藤原園主の娘
兄弟 浜主関主、並人
時相
テンプレートを表示

藤原 関主(ふじわら の せきぬし)は、平安時代初期から前期にかけての貴族藤原北家右大臣藤原園人の子。官位正五位下因幡守

経歴編集

承和8年(841年従五位下に叙爵し、承和13年(846年左衛門佐に任ぜられる。

仁明朝末の承和15年(848年摂津守として地方官に転じると、仁寿2年(852年伊賀守貞観3年(861年安芸守、貞観10年(868年因幡守と、仁明・文徳清和の三朝20年以上に亘って主に地方官を務めた。またこの間、嘉祥3年(850年)従五位上、貞観11年(869年正五位下と昇進している。

官歴編集

六国史』による。

系譜編集

尊卑分脈』による。

  • 父:藤原園人
  • 母:藤原園主の娘
  • 生母不詳の子女
    • 男子:藤原時相

出典編集