藤原隆光

日本の平安時代の貴族
 
藤原隆光
時代 平安時代中期
生誕 天延元年(973年[1]
死没 不詳
官位 正四位下備中守
主君 一条天皇三条天皇後一条天皇
氏族 藤原北家高藤流
父母 父:藤原宣孝、母:藤原顕猷の娘
兄弟 隆光頼宣隆佐、明懐、儀明、大弐三位藤原道雅
源国挙の娘、家女房
隆経隆方隆成隆清、林慶、教意
テンプレートを表示

藤原 隆光(ふじわら の たかみつ)は平安時代中期の貴族藤原北家高藤流、右衛門権佐藤原宣孝の子。官位正四位下備中守。各国の受領を歴任した。

経歴編集

長保2年(1000年)正月24日に主殿権助に任ぜられたのが史料上の初見[2]。長保3年(1001年)6月に蔵人に補任され、寛弘2年(1005年)には蔵人式部丞となり、藤原実資の許に宣旨を持来している[3]。寛弘末期に従五位下叙爵し、蔵人大夫となる。

治安3年(1023年)頃に皇后宮大進に任ぜられ、治安4年(1024年正五位下に叙せられた。主殿頭を経て、長元3年(1030年正四位下に叙せられる[4]。その後、左京大夫を務め、越前筑前備中備前と四カ国の受領を歴任している。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 枕草子』「あはれなるもの」段
  2. ^ 権記長保2年正月24日条。
  3. ^ 小右記寛弘2年3月25日条。
  4. ^ 小右記長元3年9月10日条。

参考文献編集