藤原顕雅
時代 鎌倉時代中期
生誕 建永元年(1206年
死没 弘安4年9月18日1281年10月31日
改名 顕雅→准心(法名)
官位 正二位参議
主君 後嵯峨天皇後深草天皇亀山天皇後宇多天皇
氏族 藤原北家勧修寺流
父母 父:藤原親房、母:法印成清娘
テンプレートを表示

藤原 顕雅(ふじわら の あきまさ)は、鎌倉時代中期の公卿藤原北家勧修寺流参議藤原親房の三男。官位正二位・参議。

経歴編集

寛元4年(1246年)、後嵯峨上皇院司として蓮華王院の損色の検分に当たる。建長7年(1255年)に従三位治部卿に任じ、正元元年(1259年)には後鳥羽天皇陵への遣使も務めているが、文応元年(1260年)に参議を一旦罷免されるという経験もしている(同年中に還任)。

弘安4年(1281年)に出家(法名は准心)し、同年、薨去。享年76。

出典編集