藤原 鮮子(ふじわら せんし、生年不詳 - 延喜15年5月4日(915年5月))は、平安時代中期の女性。

第60代天皇・醍醐天皇の妻。恭子内親王代明親王婉子内親王の生母。

生涯編集

藤原連永の娘として生まれる。

915年5月4日、死去。同年11月8日にも長女・恭子内親王恭子内親王も母の死去の後を追うように14歳で死去した。

外部リンク編集