メインメニューを開く
空海記念碑 (2004年12月)

藤原 鶴来(ふじわら かくらい、1893年4月15日 - 1990年1月15日)は、岡山県生まれの書家。「和漢書道史」「書源(新書道字典)」の編纂者。青龍寺の「空海記念碑」を揮毫。本名は(しげる)、鶴来

経歴・業績編集

岡山県玉野市に生まれる。岡山師範学校(現在の岡山大学教育学部)で大原桂南に学び、丹羽海鶴鈴木翠軒加藤飯山に師事。比田井天来松田南溟に益を受ける。

岡山第一中学校の教員を経て、香川師範学校教諭となる。戦後香川大学教育学部教授となり後進の育成につとめる。書道の歴史解説書「和漢書道史」、名跡筆法の字典「書源(新書道字典)」を編纂。中国陝西省西安市青龍寺の「空海記念碑」を揮毫する。

1986年文部大臣より「地域文化功労者」として表彰される。

略年譜編集

  • 1893年4月15日、岡山県玉野市に生まれる。本名は、茂。
  • 1917年、文部省習字科検定試験合格
  • 1920年、岡山第一中学校教諭となる。
  • 1922年、香川師範学校教諭となる。
  • 1927年、『和漢書道史』を刊行する。
  • 1924年、日満支三国書道展覧会審査員となる。
  • 1945年、香川師範学校教授となる。
  • 1957年、香川大学教育学部教授となる。
  • 1958年、香川県庁の銅標を揮毫する。
  • 1962年、香川県文化功労者となる。
  • 1963年、四国女子大学教授となる。
  • 1970年、二玄社より『書源』を刊行する。
  • 1973年、四国新聞文化賞を受賞する。
  • 1977年、山陽新聞賞を受賞する。
  • 1982年、中国陝西省西安市青龍寺四国四県が共同建立した「空海記念碑」を揮毫する。
  • 1986年、文部大臣より「地域文化功労者」として表彰される。
  • 1990年、1月10日逝去。享年96。

著作編集

  • 『和漢書道史』好鵞会、1927年 『和漢書道史新版』 二玄社、1972年 ISBN 4-544-01008-X ISBN 9784544010084
  • 『書鏡』 寶文館、1930年:宮脇開盆堂、1932年:柳原書店、1938年
  • 『細字四体帖』 上田書院、1932年
  • 『弘法大師真蹟集』 文昌堂、1933年
  • 『放大本蘭亭叙』
  • 『間架結構法』 牧笛写真工芸所、1947年
  • 『書渕』 好鵞書院、1953年
  • 般若心経二種』 好鷺書院、1969年
  • 『書源』 二玄社、1970年 ISBN 9784544012033
  • 『新書道字典』 二玄社、1985年 ISBN 4-544-01208-2 (『書源』の普及版)
  • 『中国書道大字典 携帯日本版』日本放送出版協会 1998年 ISBN 9784140110911
  • 『楷書蘭亭記』『中等書鑑』『中等習字』『書範』『いろは手本』『欧陽詢書蘭亭記』

参考文献編集

  • 『藤原鶴来先生墨蹟集』藤原鶴来顕彰会:南弘編 1993年刊

関連項目編集

外部リンク編集