メインメニューを開く

藤堂 高雅(とうどう たかまさ)は、江戸時代中期の大名伊勢久居藩の第6代藩主。久居藩藤堂家6代。久居陣屋の主。

 
藤堂高雅
時代 江戸時代中期
生誕 享保6年12月28日1722年2月13日
死没 宝暦12年9月20日1762年11月5日
改名 幸次郎(幼名)、高雅
戒名 元覚院殿慈達諦岸大居士
墓所 三重県津市寿町の寒松院
官位 従五位下、佐渡
幕府 江戸幕府
伊勢国久居藩
氏族 藤堂氏
父母 父:藤堂高武、養母:長谷氏(直生院)
兄弟 高豊高雅
正室:前田利隆の娘・(妙仙院)
継室:柳沢信鴻の養女(柳沢信睦の娘)・千賀
養子:高敦(のちの高嶷
テンプレートを表示

生涯編集

享保6年12月28日(1722年)、藤堂家一門の藤堂出雲家第4代・藤堂高武の四男として生まれる。享保20年(1735年)10月11日、兄の第5代藩主・高豊が本家津藩主として転任したため、代わって久居藩主を継いだ。元文3年(1738年)、桜田防火使となり、その後も神田橋門監衛、大手防火使になる。同年12月18日に叙任する。

藩政においては、雲出川の洪水による領民に対する救済、財政難による倹約や家臣の生活救済に尽力した。宝暦12年(1762年)9月20日、久居で死去した。享年42。

跡を養子の高敦(兄・高豊の長男)が継いだが、高敦ものちに津藩主を継いだ(その際に高嶷と改めた)。