メインメニューを開く

藤子不二雄ワイド(ふじこふじおわいど)は、1985年から1987年までテレビ朝日系で放送されたアニメ専門番組。

藤子不二雄ワイド
ジャンル テレビアニメコンプレックス
原作 藤子不二雄
脚本 作品別に異なる
監督 作品別に異なる
監修 鈴木伸一
出演者 三輪勝恵
堀絢子
頓宮恭子
横沢啓子(現:よこざわけい子)
オープニング 「ゆかいな大脱走」(堀江美都子
エンディング 「ドリーム・オブ・ユー」(堀江美都子)
プロデューサー 小泉美明(テレビ朝日)、亀山泰夫(旭通信社)、別紙壮一(シンエイ動画)
制作 テレビ朝日
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1985年4月2日 - 1987年10月13日
放送時間 火曜19:00 - 20:00
放送枠 テレビ朝日系列火曜夜7時台枠のアニメ
放送分 60分
テンプレートを表示

概要編集

藤子不二雄アニメの1時間番組である。それまで帯放送(関東地区など一部)だった『パーマン』と独立30分枠だった『忍者ハットリくん』を統合し、そこに新シリーズとして『プロゴルファー猿』『エスパー魔美』などを加えた構成となっていた。当時中央公論社が提供スポンサーのひとつであり、同社が週1回発行していた週刊単行本「藤子不二雄ランド」のアニメCM(最後に新刊の告知)が流れていたのもこの番組。なお、放送枠を延長したスペシャルの際は『藤子不二雄ワイドワイド』と銘打っていた。

『ワイド』としては1987年10月13日に終了し、後継番組として『藤子不二雄ワールド』が放映された(1987年10月19日 - 1989年3月27日)。

放送時間編集

  • 放映期間:1985年4月2日-1987年10月13日
  • テレビ朝日系、毎週火曜19:00-20:00(JST)

放送作品編集

1987年3月31日まで
1987年4月7日以降
  • パーマン (第1部) - 本枠消滅後は『パオパオチャンネル』内『藤子不二雄劇場』にて引き続き放送(再放送)。
  • プロゴルファー猿 (第2部) - 本枠消滅後は後継の『藤子不二雄ワールド』(のち『藤子不二雄ワールド』)にて引き続き放送。
  • エスパー魔美 (第3部) - 本枠消滅後は同じ火曜日の枠で独立番組化。

内包されていた3作品はOPのみでEDは無かったため、出演声優などは全てOPにクレジットされた。また、次回予告は『ゆかいな大脱走』のインストゥルメンタルをBGMに3作品ともサブタイトルをテロップで出す簡略化されたものだった。

スタッフ編集

主題歌編集

以下のOP・EDは、後継の『藤子不二雄ワールド』でも引き続き使用された。

重大な告知のある回では、歌の途中で終わらせる措置をとっていた。

ネット局編集

※はクロスネット局、●はANN非加盟局

同時ネット編集

時差ネット編集

関連項目編集


テレビ朝日 火曜19時枠
前番組 番組名 次番組
名探偵ホームズ
(19:00 - 19:30)
【月曜19:00に移動】
夢戦士ウイングマン

オヨネコぶーにゃん(第2期)
(以上 19:30 - 20:00)
藤子不二雄ワイド
エスパー魔美
(18:50 - 19:20)
【当番組から独立放送】
ニュースシャトルANN
(月~金の19:20 - 20:00)