メインメニューを開く

藤平 育子(ふじひら いくこ、1944年 - )は、日本のアメリカ文学者、中央大学文学部教授。

富山県出身。1966年、東京教育大学(現・筑波大学)文学部卒業。1968年、東京都立大学(現・首都大学東京)大学院(人文科学研究科、英文学専攻)修士課程修了。1982年~83年ペンシルベニア大学留学、1987年~88年デューク大学、ノース・カロライナ大学留学。

岐阜女子短期大学助教授、愛知教育大学教授を経て、東京学芸大学教授。1996年、ウィスコンシン州カーセジ大学客員教授。2002年から中央大学教授。

2007年4月より、日本ウィリアム・フォークナー協会会長、2006年4月より、日本アメリカ文学会研究誌『アメリカ文学研究』編集委員長。

著書編集

単著編集

  • 『カーニヴァル色のパッチワークキルト トニ・モリスンの文学』学芸書林 1996
  • 『フォークナーのアメリカ幻想 『アブサロム、アブサロム!』の真実』研究社 2008

監修編集

  • 『抵抗することば 暴力と文学的想像力』監修、髙尾直知・舌津智之編著 南雲堂 2014

訳書編集

  • W・フォークナー『アブサロム、アブサロム!岩波文庫(上下) 2011
  • エリック・J・サンドクイスト『死にたる民を呼び覚ませ 人種とアメリカ文学の生成』中央大学出版部(上・下) 2015-16
    髙尾直知・中尾秀博・野崎直之・内藤容成・横溝仁・向山大地共訳。(中央大学人文科学研究所翻訳叢書)

脚注編集


参考文献編集

  • 日外アソシエーツ現代人物情報
  • 『フォークナーのアメリカ幻想』著者紹介

外部リンク編集