メインメニューを開く

藤木 麻祐子(ふじき まゆこ、1975年6月21日 - )は、大阪府堺市出身のアーティスティックスイミング指導者(元選手)である。1996年アトランタオリンピックシンクロナイズドスイミング(当時)チーム銅メダリスト。日本大学英文学科卒業。

獲得メダル
日本の旗 日本
アーティスティックスイミング
オリンピック
1996 アトランタ チーム

来歴編集

選手時代編集

両親の影響で幼少からスイミングスクールに通い、7歳の時に大阪浜寺水練学校でシンクロを始める。
14歳の時ソロで全国ジュニアオリンピックで優勝し、17歳でジュニア日本代表に選ばれる。四天王寺高校時代には石川国体で藤井来夏とデュエットを組み優勝する。カリフォルニア州ウォールナットクリークアクアナッツでの留学を経て東京シンクロクラブへ移籍。日本代表に選ばれアトランタ五輪では銅メダルを獲得する。その後カリフォルニア州に戻り選手を続け、全米選手権、USオープンなどで活躍する。2000年に選手を引退する。

指導者編集

2003年から2010年スペイン代表コーチとして北京五輪銀メダル獲得に貢献する。
ロンドンオリンピックアメリカ代表チームヘッドコーチを経て2014年4月から中国代表ヘッドコーチに就任し、ロンドンで当時ヘッドコーチであった井村雅代氏率いる中国チームがチーム銀、デュエットは逆転負けで銅-1に終わった事に対し、新しいコンセプトを持ち込み、リオオリンピックで中国チームを過去最高成績 チーム、デュエット共に銀メダルに導いた。

振付師編集

シンクロ振付の選曲/アイディアにも定評があり、これまでにオーストラリア、ギリシャ、ハンガリーなどの代表チームの振付を担当。

講師編集

世界規模のシンクロ普及に関わリ、ニュージーランド、キューバ、パナマ、コスタリカなどでシンクロ競技普及の講師を務める。

エピソード

日本版ニューズウィークが選んだ「世界で尊敬される日本人100人」の一人。

2008年北京オリンピックでスペインが初めて銀メダルを獲得した際、ヘッドコーチではなかったものの、地元メディアから「スペイン流トレーニングを大きく変えた」メダル獲得のキーパーソンであると賞賛される。

2013年スペインチームを去った後、代表選手が、藤木が去った時、私の中のシンクロが消えて無くなったと新聞に語った。

過去にも日本の井村コーチに指導を受けたことのある中国代表チーム孫文雁選手が2人の日本人コーチの違いを聞かれ、井村コーチと藤木コーチは全く違う。井村コーチは技術を重視、藤木コーチは芸術面。練習のために練習するのではなく試合で感情が爆発するように教える。と語った。

外部リンク編集