藤本 隆宏(ふじもと たかひろ、1970年7月21日 - )は、日本俳優、元競泳選手。

藤本 隆宏 Swimming pictogram white.svg
国籍 日本の旗 日本
泳法 個人メドレー自由形
生年月日 (1970-07-21) 1970年7月21日(50歳)
生誕地 福岡県北九州市
身長 183cm
テンプレートを表示
ふじもと たかひろ
藤本 隆宏
生年月日 (1970-07-21) 1970年7月21日(50歳)
出生地 日本の旗 日本 福岡県北九州市
身長 183 cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 舞台ミュージカルテレビドラマ
活動期間 1997年 -
活動内容

1995年劇団四季入団
1997年:初舞台
1998年:劇団四季退団
2004年:『エリザベート
エルマー役
2009年:『坂の上の雲

2016年:『アニー
所属劇団 劇団四季1995年 - 1998年
事務所 ヒルストン・エンタープライズ
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
ミュージカル
エリザベート
ハウ・トゥー・サクシード
テレビドラマ
坂の上の雲
ガラスの家
備考
オリンピック水泳日本代表選手
テンプレートを表示

福岡県北九州市出身。西日本短期大学附属高等学校早稲田大学人間科学部卒業。ヒルストン・エンタープライズ所属。元劇団四季団員。

競泳選手として200m・400m個人メドレーで日本記録を樹立しオリンピックに2大会連続で出場、1992年バルセロナオリンピックにて400m個人メドレーで同種目日本人初のファイナリストとなる。劇団四季に入団して俳優に転身し、ミュージカルなど舞台作品に多数出演した後、テレビドラマなど映像作品にも進出する。競泳の元日本記録保持者でオリンピック2大会連続出場の異色の経歴を持つ俳優[1][2][3]

身長183cm、体重78kg[要出典]

略歴編集

競泳選手として編集

福岡県北九州市にて出生、宗像市で育つ。小学2年生の時に水泳をはじめ、中学生の頃より注目を集めると、1日に2万5千メートル以上も泳ぐなど水泳漬けの日々を送る。

西日本短期大学附属高等学校に在学中の1988年日本選手権にて200m・400m個人メドレーで優勝し、日本男子競泳史上最年少でソウルオリンピック200m・400m個人メドレーへの出場を果たす。早稲田大学人間科学部へ進学すると、1989年には200m・400m個人メドレーでともに日本記録を樹立、400mの記録は2000年まで10年以上にわたって保持していた。1990年には北京で開催されたアジア大会に出場し200m・400m個人メドレーで優勝、同大会で日本人初の金メダルを獲得する。1991年、日本水泳連盟最優秀選手賞受賞。1992年にはバルセロナオリンピックで2大会連続のオリンピック出場を果たすと400m個人メドレーで8位入賞、同種目で日本人初の決勝進出を果たした。

1993年からは1996年アトランタオリンピックでのメダル獲得を目指してオーストラリアへ水泳留学。1994年には日本選手権で優勝、広島で開催されたアジア大会で200m個人メドレーで2位に入賞するものの記録は伸び悩み、アトランタオリンピックの代表選考会を兼ねた1996年の日本選手権で3位となり惜しくも出場権を逃すと、同4月に現役から引退した。

バルセロナオリンピックでの入賞から28年を経た2020年には、ソウルオリンピック、バルセロナオリンピックへの2大会連続出場によるオリンピックムーブメントへ多大な貢献が認められ、日本オリンピック委員会(JOC)より令和元年(2019年)度JOCスポーツ賞特別貢献賞を受賞した[4][5]

俳優として不遇の時代に世話を受けた先輩の木原光知子が創立した「ミミスイミングクラブ」のスーパーアドバイザーに就任し、月1回の指導を行っている[6][7]

日本マスターズ水泳公認大会の表彰式で賞状授与をおこなったことがある。

俳優として編集

オーストラリアに水泳留学をしたときに初めて観たミュージカル『レ・ミゼラブル』に感動、舞台俳優を志す。早稲田大学人間科学部卒業後の1995年劇団四季オーディションを受験し合格、同年10月に劇団四季へ入団して研究生として俳優をスタート。翌1996年4月の現役引退まで水泳の練習と劇団四季のレッスンの二足のわらじの生活を送る[8]。初舞台は1997年シェイクスピアの『ヴェニスの商人』。退団までに『冒険者たち』、『王子とこじき』、ミュージカル『キャッツ』などに出演。

1998年の劇団四季退団後は、蜷川幸雄演出『リチャード三世』、野田秀樹作『パンドラの鐘』などに出演。ミュージカルでは『エリザベート』、『シラノ・ザ・ミュージカル』などに出演。時代劇では、新派公演『大つごもり』や『ふるあめりかに袖はぬらさじ』、『関ヶ原異聞』などに出演した。

その後テレビドラマへ進出。2009年NHKスペシャルドラマ『坂の上の雲』でオーディションを経て主役の親友・広瀬武夫役を演じ[6] 注目を集めると、2011年TBSJIN-仁- 完結編』で西郷隆盛役を演じる[9] などテレビドラマ出演も増え、同年の第2回岩谷時子賞奨励賞を受賞[10][11]2012年にはNHK大河ドラマ平清盛』へ、2014年にはNHK連続テレビ小説花子とアン』へ出演している[12]

2010年6月には日米合作映画『Playin' for Money』(監督:榎本二郎、ケビン・グラバー)[1] で初主演。オーディションと面接で大役を掴んだ。同年秋アメリカで公開[要出典]

音楽活動も盛んで、シャンソンのパリ祭([2])で司会や出演をしている。自らも作詞をし、小坂明子作曲でオリジナル曲を発表しつつ、ライブ活動も積極的に行っている。

2005年より所属していたクリームインターナショナルから、2019年9月にヒルストン・エンタープライズへ移籍した。

出演編集

舞台編集

劇団四季編集

劇団四季退団後編集

テレビドラマ編集

バラエティ編集

その他のテレビ番組編集

映画編集

CM編集

ラジオ編集

出版物編集

  • 武骨なカッパ 藤本隆宏(ワニプラス) 松瀬学 (著)

新聞連載編集

雑誌連載編集

受賞歴編集

競泳選手としての主な戦績編集

  • 1984年 - 全国中学大会にて競泳5位入賞
  • 1986年 - 国民体育大会 少年B 400m個人メドレー優勝
  • 1988年 - 日本選手権200m・400m個人メドレー優勝、ソウル五輪200m・400m個人メドレー出場
  • 1989年 - 200m・400m個人メドレー日本記録樹立
  • 1990年 - 日本選手権200m自由形優勝
  • 1991年 - 夏季ユニバーシアード400m個人メドレー優勝・200m個人メドレー3位
  • 1992年 - バルセロナ五輪200m個人メドレー出場 8位入賞(同大会日本人初のファイナリスト)
  • 1993年 - 1995年 オーストラリア水泳留学
  • 1994年 - 日本選手権優勝、広島アジア大会200m個人メドレー2位・400m個人メドレー3位
  • 1996年 - 日本選手権3位入賞

日本記録保持期間編集

泳法 距離 記録 保持期間
個人メドレー 200m 2分03秒35 1989年-1992年
個人メドレー 400m 4分20秒07 1989年-2000年

受賞編集

関連書籍編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “日曜劇場『JIN-仁-』(4月17日日曜よる9時スタート)新キャストを発表!さらに文部科学省・厚生労働省・日本医師会と取り組む。新たなプロジェクトも始動” (プレスリリース), TBSテレビ, (2011年3月22日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000003065.html 2020年5月12日閲覧。 
  2. ^ a b ヨコウチ会長 (2016年12月9日). “丸美屋食品ミュージカル『アニー』が全面刷新、ウォーバックス役に藤本隆宏、ハニガン役にマルシア!”. SPICE (イープラス). https://spice.eplus.jp/articles/92892 2020年5月12日閲覧。 
  3. ^ a b “藤本隆宏 五輪メダルなしの悔しさ、俳優で晴らした”. スポニチ Sonichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年12月18日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/18/kiji/20161218s00041000065000c.html 2020年5月12日閲覧。 
  4. ^ a b JOCスポーツ賞 特別貢献賞”. 日本オリンピック委員会. 2020年5月12日閲覧。
  5. ^ a b “バルセロナ五輪入賞から28年 俳優転身後もJOCの表彰を受けた藤本隆宏「重苦しい空気を変えたい」”. 中日スポーツ(CHUNICHI Web) (中日新聞社). (2020年5月7日). https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2020050702100083.html 2020年5月12日閲覧。 
  6. ^ a b 肥谷令子 (2010年12月2日). “【元気のヒミツ】藤本隆宏「あなたは五輪選手」木原光知子さんの励ましで…”. ZAKZAK (産経デジタル). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20101202/enn1012021627017-n1.htm 2015年7月31日閲覧。 
  7. ^ “「オリエント急行殺人事件」藤本隆宏が初三谷作品を語る”. 産経ニュース (産経デジタル): p. 3. (2015年1月9日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150109/oth15010912000016-n3.html 2015年7月31日閲覧。 
  8. ^ “藤本隆宏に聞く”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2011年4月29日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/yomimono/interview/fujimototakahiro/ 2015年7月31日閲覧。 
  9. ^ インタビュー[藤本隆宏さん]”. 日曜劇場「JIN -仁-」TBS開局60周年記念. TBSテレビ. 2015年7月31日閲覧。
  10. ^ a b 岩谷時子賞【2011年 第2回】”. 岩谷時子音楽文化振興財団. 岩谷時子賞. 2020年5月12日閲覧。
  11. ^ a b “元五輪水泳選手の藤本隆宏、役者でも「岩谷時子賞」 「初心を忘れず、精進していきたい」と藤本”. 共同通信社. (2011年7月20日). オリジナルの2015年5月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150527231530/https://www.kyodo.co.jp/entame/showbiz/2011-07-20_19274/ 2015年7月31日閲覧。 
  12. ^ “「オリエント急行殺人事件」藤本隆宏が初三谷作品を語る”. 産経ニュース (産経デジタル): p. 2. (2015年1月9日). http://www.sankei.com/entertainments/news/150109/ent1501090015-n2.html 2015年7月31日閲覧。 
  13. ^ “ロミジュリ誕生秘話描く「シェイクスピア物語」に観月ありさ、A.B.C-Z五関晃一”. ステージナタリー. (2016年11月13日). http://natalie.mu/stage/news/209169 2016年11月14日閲覧。 
  14. ^ “「アニー」大人キャスト発表 マルシア「怖がられてしまいました」”. スポニチアネックス. (2016年12月9日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/09/kiji/K20161209013876590.html 2016年12月9日閲覧。 

参考文献編集

外部リンク編集