メインメニューを開く
藤村寛太

藤村 寛太(ふじむら かんた、1892年明治25年)12月13日[1] - 没年不詳)は、台湾総督府官僚陸軍司政長官

経歴編集

三重県出身[1][2]1912年(明治45年)に福岡県師範学校を、1916年大正5年)に東京高等師範学校を卒業した[3]秋田県師範学校教諭、秋田県視学官荏原郡立高等女学校教諭を歴任[1]1922年(大正11年)に高等試験に合格し、警視庁警視・本所向島警察署長、鹿児島県地方課長を経て、1931年(昭和6年)より台湾総督府警務局警務課長、台南州警察部長、新竹州内務部長、花蓮港庁長内務局地方課長、興亜院厦門連絡部勤務、台北市長、新竹州知事を歴任した[1][3]

1943年(昭和18年)、陸軍司政長官となり[1]第16軍軍政監部付(ジャワ島)として、敵産管理部長、チレボン州長官を務めた[4]

脚注編集

  1. ^ a b c d e 大衆人事録 1943.
  2. ^ 『輓近大日本拓殖史』では福岡県出身。
  3. ^ a b 輓近大日本拓殖史 1934.
  4. ^ 戦前期官僚制研究会編『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』東京大学出版会、1981年。

参考文献編集

  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第14版』帝国秘密探偵社、1943年。
  • 『輓近大日本拓殖史』日本行政学会、1934年。