メインメニューを開く

藤村有弘

日本の俳優・声優

藤村 有弘(ふじむら ありひろ、1934年3月6日 - 1982年3月16日)は日本コメディアン俳優声優東京都千代田区神田出身。

ふじむら ありひろ
藤村 有弘
生年月日 (1934-03-06) 1934年3月6日
没年月日 (1982-03-16) 1982年3月16日(48歳没)
出生地 日本の旗 日本東京都千代田区神田
死没地 日本の旗 日本神奈川県横浜市戸塚区吉田町
職業 コメディアン俳優声優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1940年代 - 1982年
テンプレートを表示

来歴・人物編集

幼少期より芸能活動を行い、喜劇役者として映画などで個性的な役柄を演じたほか、『ひょっこりひょうたん島』(NHK)のドン・ガバチョの声(初代)やインチキ外国語で一世を風靡した。日本のお笑い史にも軌跡を残し、“バンサ”の愛称で知られる。

ドン・ガバチョのつぶやき声である「ブフブハ」、笑い声の「ハタハッハ」は誤記された台本をそのまま読んだことから、またトラヒゲを「トラどん」とアドリブで言ったところスタッフに受けたため採用されたものである。

インチキ外国語の芸の元祖であり、特に協和語を多用したインチキ中国語フジテレビ新春かくし芸大会』の中国語劇のナレーションとして定番であり、またイタリア語バージョンの「ドルチャメンテコチャメンテ、スパゲッティナポリターナ、ゴンドラスーイスーイ、トラバトーレ、トルナラ・トッテミーロ」は現代でも知られている有名なお笑いのフレーズであろう[独自研究?]

趣味はアマチュア無線で、当時のコールサインはJH1BAN(今は別人に割り当て済み)。著名人であることから郵政省電波監理局が愛称にちなみ便宜を図ったようだが、真相は明らかにされていない。

1982年3月10日に風邪ぎみになり、同年3月13日、レギュラーパーソナリティーとして出演していた静岡放送(SBSラジオ)の生放送ラジオ番組『藤村有弘の東海道それゆけ四時間!!』の放送終了後に緊急入院した。その後の診断で原因がかねてからの持病だった糖尿病の悪化によるものと判明したため、主治医の勧めで3月15日夜に戸塚共立第2病院に転院したが、緊急入院からわずか3日後の3月16日午後5時35分に糖尿病性昏睡のため、48歳の若さで急逝した[1]。その日に放送された『なるほど!ザ・ワールド』(フジテレビ系)が最後の出演だった。普段の生活ではゲイであることを公言しており、葬儀のスピーチで友人の大橋巨泉は「パンサは彼がゲイである事を隠さなかった。しかし日本にはまだ同性愛者に対する強い偏見がある。だからボクは今夜、藤村有弘を立派な同性愛者として送ってやりたい」と述べた[2]

後任編集

藤村の死後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

出演歴編集

映画編集

テレビドラマ編集

吹き替え編集

人形劇編集

劇場アニメ編集

CM編集

バラエティ番組編集

ラジオ番組編集

その他編集

脚注編集

  1. ^ コメディアンの藤村有弘さん死亡。読売新聞1982年3月17日朝刊23面より
  2. ^ 大橋巨泉「今週の遺言」『週刊現代』2010年9月4日号、講談社、 102-103頁。
  3. ^ アンデルセン物語 - 文化庁メディア芸術データベース

外部リンク編集